【Tupper(タッパー)】人気コレクション ~キッチン収納・調理道具編~

この記事は約8分で読めます。

生活するうえで「タッパー」ってかなり便利ですよね。

我が家では夕食で残ったおかずをタッパーに入れて保存したり、

何より一番使っているのがご飯の冷凍保存!

レンジでチンすればすぐに食べることができます。

そんな便利ツールのタッパーですが、これって「Tupperware社」のブランドって知ってましたか?

そして正直言って「Tupperware社」のタッパーを使うと、

量販店などで売られているタッパーとはクオリティが違うことがわかります。

そんなハイクオリティな「Tupperware社」のタッパー。

今回はキッチン収納に便利なタッパーを紹介します。

クリスタルウェーブネクストシリーズ(電子レンジ容器)

電子レンジ容器に求められること。

それは何といっても耐久性でしょう。

たしかにどんな容器でも耐久性は求められる要素ですが、電子レンジ容器は特にそうです。

マイナスの室内で凍らされたと思ったら、すぐに電子レンジで解凍される。

高温と急冷に耐えられる仕様でなくてはなりません。

その点、Tupperwareの「クリスタルウェーブネクスト」シリーズは、

容器本体が-20℃~140℃、シール(※)は-20℃~100℃と高温、急冷に十分耐える仕様です。

※シール:Tupperwareは容器のフタを「シール」と表現します。

クリスタルウェーブネクスト丸型S400

サイズ:直径19.2✕高さ5cm 400ml

1人前のご飯の量としてはちょうど良い大きさ。

よく食べる方にとっては少し物足りないサイズかもしれません。

食べ物の作り置きはもちろん、

大きさで見るとお弁当箱として利用するにも良いサイズ感です。

クリスタルウェーブネクスト丸型S600

サイズ:19.2✕高さ6.3cm 600ml

ご飯としてはちょっと大盛。

お子さん2人分くらいの量になりますかね。
(それでも少し多いかな)

お弁当箱としても十分活用できる大きさです。

スープをストックする容器としても使い勝手が良さそうです。

クリスタルウェーブネクスト丸型S800

サイズ:直径19.2✕高さ8.2cm 800ml

1人前のご飯容器としては大きいですね。

シールを付ければ水漏れしませんので、

スープの冷凍ストックに使えそうです。

シールにある「エアキャップ」を開けてレンジでチンです。

クリスタルウェーブネクスト角型1000

サイズ:縦23.5 横15.8✕高さ6.3cm
1000ml

大きさ的に冷凍ご飯にするのは多過ぎですね。

多めの作り置きにできるサイズ感です。

お弁当箱と言っても十分通用する大きさ。

食べ盛りの学生だったら、このタッパーを2個使う(1つはご飯だけ。もう1つはおかずだけ)

という使い方もアリです。

クリスタルウェーブネクストの残念な点

総合的に見ても利便性の高いツールですが、

ひとつ、食洗器の使用は不可となっています。

食洗器を使う家庭も増えましたので、この点はちょっと残念なところですね。

ただクリスタルウェーブネクストは便利さがズバ抜けていますので、そこまで悪いとも言えない点でしょう。

デコレーターシリーズ(ストック容器)

デコレーターシリーズは本当にオススメ!

ストック容器としてのクオリティが本当に素晴らしい一品です。

ちなみに我が家では昭和な雰囲気が漂うデコレーターを使っています。

それもそのはず。

我が家のデコレーターは母親から譲り受けたモノ。

正真正銘、昭和のデコレーターです。(古いため、サイズはマキシクイーンなのかマキシなのかは不明)

何年の型落ちなのかわかりませんが、ここまで使えるってすごくないですか!?

使用用途はお米の保存容器として。(5kgのお米がスッポリ入ります)

母親は干しシイタケやお餅、煎餅などを保管してました。

もう売られてないでしょう。レトロ感がたまりません。
お米が袋ごとスッポリ。

デコレーターのサイズは、

「マキシクイーン(サイズ:大)」「マキシ(中)」「グランプリ(小)」「ミニ(最小)」

以上の4種類となっています。

マキシクイーンデコレーター ノクターナルシーブルー

サイズ:直径29.6✕高さ29.5cm 11.000ml

本体:ポリプロピレン

シール:ポリエチレン

シール(フタ)の真ん中を押すだけでカンタンに密閉ができます。

何といっても密閉力が素晴らしい!

乾物を入れておいても湿気らず保存。

写真から味噌やぬか漬け容器としても利用できることがわかります。

先述のとおり、我が家は専らお米の保存容器として活用中!

マキシデコレーター ノクターナルシーブルー

サイズ:直径23✕高さ24cm 5,800ml

特長はマキシクイーンと同じですが、サイズが一回り小さいマキシデコレーター。

写真からもわかるとおり、持ち手が付いているので持ち運びにも便利。

塩分や酸、アルコール分が強いものの保存も可能。容器が軽く、みそや梅干しを作る際は重石はなしでOK。

グランプリデコレーターM ノクターナルシーブルー

サイズ:直径15✕高さ17.6cm 1,900ml

左の写真で言うと上から2番目の容器です。

特長はマキシクイーン、マキシと全くかわりありません。

オシャレなジュース、お酒などを作るのに便利そうな大きさですね。

ミニデコレーター

サイズ:直径13✕高さ8cm 600ml

デコレーターシリーズの最小商品。

特長はマキシクイーン、マキシと全くかわりありません。

ミニデコレーターは2個セットとなっています。

このサイズ感は使い勝手の良さを感じます。

デコレーターの残念な点

商品特性についてはまったく非の打ちどころがないだろう、それくらいクオリティ高いです。

なので残念な点は正直目につきませんでした。

強いていうなら、もう少しカラーバリエーションがあると嬉しい人もいるかも!?

ボール(調理道具)

「ボールなんて何でもいいんじゃない?」

そう思っている方、意外と多いのではないでしょうか。

でも料理をする方ならわかると思いますが、ボールってかなり便利ツールです。

無いと料理が作れないというワケではありませんが、料理中に

「ボールがあればなぁ」

と思うシーンってけっこう多いんです。

カットした野菜を入れておくとか、切った肉を調味料につけておくとか。

ひとまとめにしておきたい食材って調理中によく出てくるので、

そのときに使うのはやっぱりボールなんです。

そして何よりシール(フタ)が付いているところが素晴らしい!!

「ラップで良くない?」

と考えると思いますが、ラップだと上に何も置けなくなるんですよね。

例えば肉を醤油につけて冷蔵庫に一時保存するとき、ラップだとボールのうえがデッドスペースになります。

「それくらいのデッドスペース・・・」

って思うかもしれませんが、冷蔵庫ってそんなに広くない。

大きなボールがドーンと冷蔵庫にあると、けっこうスペース取られちゃうんです。

だからシール(フタ)だとモノが置けて便利なんです。

スーパーミックスボール

サイズ:直径32.8✕高さ12.6cm 6,500ml

スーパーミックスボールのサイズなら、手打ち麺やパン生地もこねることができます。

お米なら5合くらい入りますので、五目ずしにも使えちゃう便利モノ。

ボールにシール(フタ)が付いているところがやはりポイント!

水漏れ防止構造になっているので、逆さにしても大丈夫。逆さにすること自体あまりありませんけどね。それだけ安心ということです。

アロハコレクション

こちらは何個あっても便利なボールセット。

入れ子にしてすっきり収納できます。

サイズ
450mL:長径17.5×高さ5.2cm 450mL
1L:長径21×高さ7.3cm 1L
2L:長径24.8×高さ9.9cm 2L
4L:長径29.5×高さ12.8cm 4L

さいごに

Tupperwareのキッチン収納・調理道具はいかがでしたでしょうか。

今じゃ多くのメーカーがいろいろな保存容器を販売しています。

100均で買えちゃうような容器だってあります。

ただ、Tupperware社の製品クオリティは100均商品では遠く及びません。

製品自体がしっかり作られており、長く愛用することができます。

Tupperware社のクオリティの高さ、一度使ってみればわかるハズです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント