【登録必須!】幼児に読み聞かせする絵本は「絵本のサブスク」で。

出展:絵本のサブスク
この記事は約5分で読めます。

子供に絵本の読み聞かせ、やっていますか?

わたしはときどきやっていますが、読み聞かせって、読んでる方も眠くなってきますよね。

そして忙しい毎日を過ごしてますから、何となく落ち着いて読めないときもあります。

読み聞かせが習慣化されている人は別ですが、されていない人にとっては難しさも感じます。

でもなんでしょうね、読んでいるときのあの幸福感。

読み聞かせ、子供にとっても良いモノですが、大人も結構癒されますよ。

 

さて、そんな読み聞かせするのに悩むこと。

それは、「何を読んであげれば良いのだろう?」ということ。

読み聞かせすることに意義があるのはたしかです。

でも、やっぱり色々な本を読んであげて、色々考えて、感情を豊かにしてあげたい。

ただ絵本は世の中に無数にあるので、絵本のチョイスにも悩まされます。

そんな「何を読んであげれば良い?」

コレ、絵本のサブスクで解決できます。

絵本のサブスク

絵本のサブスクとは?

子供の年齢、成長、性別に合わせた中古の絵本が毎月4冊送られてきます。

絵本って、意外とイイ値段しますよね。

でも絵本のサブスクは中古絵本を扱ってるので、手ごろな値段で毎月4冊読むことができます。

またレンタル品ではありませんので、返却する必要もありません。

図書館で借りて、期限までに返却って、結構めんどうなんですよね。

そう考えると、絵本のサブスクってすごく便利。

絵本のサブスク 仕組み紹介

毎月4冊が送られてくる絵本のサブスク。

その仕組みについてもう少し詳しく紹介していきます。

月々2,480円で4冊の絵本が届く(送料無料)

絵本って1冊だいたい1,000円以上はします。

高いモノだと2,000円、3,000円はします。

それが絵本のサブスクなら、4冊2,480円(送料無料)!

1冊あたり620円で買えちゃうというおトクな仕組み。

下の表からも、絵本のサブスクがどれだけおトクなのかがわかります。

出展:絵本のサブスク

中古絵本って、汚れていたり破れていたりしない?

中古だと汚れてたり破れてたりも普通にするけどここはしっかりと確認、厳選してくれて綺麗なものだけを送ってくれるから安心。

出展:絵本のサブスク ~ユーザーの声より~

中古絵本だからこの値段ですが、中古絵本だとその状態が気になりますよね。

でもユーザーの声にもあるように、しっかりキレイな絵本を送ってくれます。

中古ならではの話ではありますが、状態・クオリティは高いモノとなっています。

絵本のサブスク 申し込みと解約、シバリについて

申し込みや解約の手間って、やっぱり事前に考えますよね。

サブスクだと”シバリ”も気になるところ。

結論から言うと、絵本のサブスクでは申し込み、解約に手間はかからず、シバリも一切ありません!

申し込み、解約、シバリについてもまとめます。

申し込みは5分で完了します。

申し込みに必要な情報をまとめました。

見てわかるとおり、名前、住所、メアド、クレカ情報、これだけでOK。

・子供の名前(漢字)
・よみがな
・性別
・子供の生年月日
・郵便番号
:都道府県
・市区町村
・住所詳細
・メールアドレス
・電話番号
・新着案内のメール受付要否
・クレジットカード番号
・有効期限
・セキュリティコード

すぐに解約できるの?シバリとかない?

オススメしておきながらすぐにこんな話をするのもアレですが、とても大事なこと。

どんなに良いモノでも、損した気分になっては意味がありませんからね。

そして何よりサブスクでわたしが一番心配するのが、”解約”と”シバリ”です。

1.購入はウェブ上でするのに、解約は電話しなくてはいけない。
2.一度登録すると、何回かは使わなくてはいけない。

わたし、特に1.が大嫌いです。

「ウェブ上で買ったのだからウェブ上で解約させろ!」

いろんなサイトで良く思ってます。

まず解約ですが、絵本のサブスクはウェブ上で解約できます!

当月の26日までにウェブ上で解約手続きを済ませれば、翌月以降はお届けストップとなります。

そして「何回か購入しないとダメ」といったシバリも一切ナシ!

どう考えても利便性高すぎです。

絵本のサブスク

解約手続き 詳細

解約手続きの入力項目をまとめました。

たったの5項目、めんどうな電話連絡の必要もありません。

・解約理由
・子供の名前
・性別
・メールアドレス
・電話番号

(参考)読み聞かせの効果

子供への読み聞かせが良いとよく言われますが、具体的にどう良いのかわかりませんよね。

実は読み聞かせ中、読み手と聞き手の脳は活発に動いていることが実証されています。

読み手の場合、読み聞かせ中は前頭前野が働きます。

一方、聞き手の子供は大脳辺縁系が活発に働きます。

前頭前野・・・思考、創造力、コミュニケーション、感情コントロール機能を司る。
大脳辺縁系・・・喜怒哀楽を生み出し、感情に基づいて基本行動を決めている。

読み手の大人は子供の反応を見ながら、考えて言葉を発します。

子供も親の言葉を受けて楽しく絵本を聞きます。

そういった状況から親子の絆が深まると考えられます。

絵本のサブスク まとめ

月々2,480円で4冊の絵本が届く。1冊あたり620円(送料無料)
中古絵本でも品質状態は非常に良い。
絵本のサブスクでは申し込み、解約に手間はかからず、シバリも一切ナシ!
申し込みは5分で完了
解約手続きもウェブ上で完結できる。(電話連絡不要)

どの育児書を読んでも、どの子育てサロンで聞いても、絵本の読み聞かせの良さを言われます。

ここまで口を揃えて言われると、

「何だか絵本の読み聞かせ、胡散臭い」

そんな風に思ったときもあります。

でも、絵本の読み聞かせをしているときの親子の幸福感って本当に良いです。

これこそLOVE&PEACEじゃないかって。

日々に忙殺され、コロナの閉塞感に苛まれ、いろいろと生き辛い毎日が続いています。

そんなときだからこそ、絵本のサブスクで送られてきた絵本を読み聞かせして、親子の絆を深め、安らぎを感じてみてはいかがでしょうか。

絵本のサブスク

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

コメント