【超便利】夏場のサッカー試合後の足元はサンダルで決まり!

この記事は約43分で読めます。

サッカーの試合後は体内に熱がこもり気味です。

特にサッカーシューズやスパイクの中は熱がこもっていて、

すぐにでも素足になりたいですよね。

靴ひもを緩めてシューズを履いていたりしますが、

そもそも試合後はそれすらも煩わしいです。

特に夏場なんてシューズの中は熱しか発していない感じですし。

シューズを脱いで裸足で歩き回るのも気持ちいいですが、

裸足で帰宅するわけにも行きません。

そこでぜひとも一足は持っていたいモノ、それが

サンダル!

今回はサッカーの試合後でも足元をカッコよく、それでいてラクチンなサンダルを紹介していきます。

 

adidas(アディダス)

サッカーサンダルでよく見かけるのかアディダス。

三本のストライプを見ただけでアディダスとわかります。

カラーはブラックが多いですが、夏場のブラックはかなり熱を持ちますので、

熱の持ちにくいカラーを選択するのもよいでしょう。

NIKE(ナイキ)

ナイキのサンダルを履いている人も良く見かけます。

ナイキにスウォッシュのロゴがド定番で、これさえ履いていれば問題ない的なところもいいです。

LUZeSOMBRA(ルースイソンブラ)

ルースイソンブラは日本の横浜が発祥のブランド。

ポルトガル語で「光と陰」という意味があります。

履いている人を多くは見かけませんので、「これどこの?」と注目される可能性も。

PUMA(プーマ)

みなさんお馴染みのプーマです。

昔はプーマのロゴがセンターにドスンとあったイメージですが、

最近のサンダルはロゴが側面にあるので、シャープでおしゃれな感じです。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

もう最近ではおなじみのアンダーアーマーです。

少し前までは「ん?どこの?」という感じはありましたが、

今ではロゴを見れば「アンダーアーマー」とわかるくらいかなり根づいてきた感じです。

アスレタ(ATHLETA)

オシャレフットサル・サッカープレーヤーが着用するブランド。

わたしの中で勝手にそういう立ち位置にしているアスレタ。

個人的にかなりほしい、そして身につけたい、ただわたしがオシャレではないので買えない一品。

KuaiLu

こちらはサッカーブランドではありませんが、

「疲れにくい・軽い」

に注目して選んだ一品。

筋肉をリラックスさせて乳酸を取り除く構造になっているようです。

soccer junky(サッカージャンキー)

フレンチブルドッグのロゴでおなじみのサッカージャンキー。

日本発祥のブランドです。

デザインもカッコよく、履いていれば注目されるサンダルとなるでしょう。

MIZUNO(ミズノ)

もう説明不要なブランド、ミズノ。

誰が身に着けてもしっくりくる、この安定感抜群なブランド力は凄まじさすら感じます。

new balance(ニューバランス)

ニューバランスはもうファミリー層にまで浸透してますね。

街を歩くお父さん、お母さん、そしてお子さん、家族みんな「NB」履いてたり。

個人的にここ数年で一番ファミリー層の足元を獲得したのは、このニューバランスではないかと。

asics(アシックス)

個人的にいつまでもジャパンブランドとして頑張り続けてほしいアシックス。

アシックスって本当にイイ靴つくっていると思うんです。

そんなアシックスからのサンダル、しっかり応援したい。

さいごに

【超便利】夏場のサッカー試合後の足元はサンダルで決まり!

いかがでしたでしょうか。

夏場の必需品であるサンダルですが、実は春先からちらほら履きだされていたりします。

夏先取り、夏に備えて、お気に入りのサンダルを早めにみつけてもらえたら嬉しいです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント