【便利でカッコイイ】サッカーの移動着はポロシャツでキマリ

この記事は約81分で読めます。

サッカークラブやサッカー部に入ると、夏休みや冬休みに合宿や遠征が始まります。

チームによっては、春休みの短い期間でも行います。

「不測の事態に備えて、スパイクは2足持って行こう」

「ユニホームとプラクティスシャツを○枚、パンツを○枚、ソックスが○足」

持ち物は多いですし、冬であればジャージやウォーマーも必要です。

そんな中、子供たちが意外と気にするポイント。

それが、移動着!!

「移動着なんてなんだっていいじゃん」

確かになんだっていいんです。

夏なんてすぐに汗かきますし、安いTシャツでもたしかに良いんです。

でも子供たちの間では、意外と移動着に注目したりしてます。

下がジャージのズボンに上がプラクティスシャツ。

全然問題ありませんよ、でもそれって普通、というより、

「練習と同じじゃん」

って見られたりするんです。

じゃあ何を着ればいいのか。

ポロシャツです。

至って普通かもしれませんが、奇抜でもないし練習着でもない。

そんな立ち位置にいるポロシャツが使い勝手が良くて、練習や試合とは一線引いた服装なんです。

ポロシャツを選ぶ理由・利点

移動着としてあえてポロシャツを選ぶ。

そんなポロシャツを選ぶ理由、利点というのはどこにあるのでしょう。

ポロシャツでの移動はさまになる

まず一つ目の理由として「公共の場でもさまになる」という点があります。

例えばバスで遠征に行く場合、数回は高速道路のサービスエリアにトイレ休憩で立ち寄ります。

Tシャツやプラクティスシャツでも全く問題ありませんが、ポロシャツだとやはりさまになる。

もし全員が同じポロシャツを着てバスから降りてきたら、

「どこの強豪チームだ?」

と周りは思うはずです。

丸首のTシャツと襟が付いているポロシャツとでは印象が全く違います。

「あの子たちは移動でもキッチリしているんだな」

そう見られるでしょう。

動きやすい

ポロシャツと言うと思い浮かぶのが「鹿の子ポロシャツ」です。

確かに鹿の子ポロシャツは型崩れしにくいですし、涼しくはあります。

移動着にも適しているのですが、わたしとしては「少し動きにくいかな」という印象があります。

何となくゴワつく感じがするのです。

ただ最近のスポーティなポロシャツの多くは、ドライメッシュ生地を使っています。

ポリエステルで作られていて非常に涼しく、何といっても動きやすい!

鹿の子ポロシャツだってそこまで動きづらいわけではありません。

ただドライメッシュ生地のポロシャツを一度着ると、その快適さに驚き、手放せなくなります。

ドライメッシュ生地は涼しくて速乾性が高い

ドライメッシュ生地のポロシャツが涼しいことは先ほど書きました。

ポリエステルの生地なので通気性が良いのですが、通気性が良いので洗濯してもすぐに乾きます。

来た日の晩に洗えば翌朝には乾いているので、毎日着ることができます。

が、同じポロシャツを毎日着るのはやっぱりイヤですよね。

「アイツ、いつも同じポロシャツ来てるよ」

なんて言われかねません。

3枚ポロシャツがあれば、週に2回のローテーションで着れるので心配ありませんね。

どんなポロシャツをチョイスすれば良いか

ポロシャツといっても多くのメーカーが販売しています。

普段着に適したポロシャツもあれば、クールビズとして活用できるモノもあります。

ではサッカーの遠征や合宿の移動着としては、どのようなポロシャツをチョイスすれば良いのでしょうか。

サッカーブランドをチョイスするのは必須

ポロシャツを出しているメーカーは多いですが、

結論、サッカーブランドで攻めましょう。

ポロシャツの代名詞ともいえる「ラルフローレン」は確かにカッコイイです。

移動着としてももちろん着ることができますし、着ても変ではありません。

ただそこはサッカーブランドで攻めるのが定石と言えます。

ラルフローレンのポロシャツで攻めても誰も何も言わないですが、ほんの少しだけズレるのです。

表現が難しいのですが、わずかに「何か違う」なのです。

あらためて、サッカーブランドで攻めるのが正解なのですが、ここからはいくつかのサッカーブランドを紹介していきます。

スボルメ

出展:https://www.svolme.co.jp/svolme_brand

「移動着、ポロシャツ」このワードでまず思い浮かぶのがスボルメです。

オシャレ、カッコイイ、カワイイ、どれにも該当するのがスボルメの強みです。

男性が着ればオシャレでカッコイイ、女性が着ればオシャレでカワイイ。

もう無敵ですね。

ポイント:胸元にスボルメのロゴが入っていますが、このカラフルなロゴが何ともカッコカワイイ!
■素材:本体/ポリエステル61% コットン26% 再生繊維(リヨセル)13% リブ/コットン100%

■ポイント:こちらは右胸にカラフルなロゴが入っています。
■素材:ポリエステル100%

■ポイント:右胸にロゴ、左胸に「SVOLME」の文字が刻印されていてカッコイイ!
■素材:本体/ポリエステル80% コットン20% リブ/コットン100%

■ポイント:ロゴが緑色でクール!白地のポロシャツにワンポイントのロゴが映えます。
■素材:DRY天竺(ポリエステル100%)

プーマ

出展:https://jp.puma.com/jp/ja/home

知らない人はいないと言えるくらい超有名ブランド、プーマ。

何かサッカー用品を選ぶのに迷ったら、とりあえずプーマを選んでおけば間違いない!

といっても過言ではないかも。

■ポイント:シンプル イズ ベストとはまさにコレ!プーマのワンポイントだけでもさまになる!!
■素材: ストレッチ鹿の子:コットン96% ポリウレタン4%

■ポイント:胸元ボタンなしの開襟ポロシャツ。ちょっと大人な感じがカッコイイ。
■素材
メイン素材: 綿 素材構成: スラブ天竺:コットン100% 素材:スラブ天竺(コットン100%)

■ポイント:ジャージ素材のポロシャツだから動きやすさバツグン!
■素材: 天竺:コットン100%

■ポイント:襟元のボタンが5個!2個が主流ですが5個ってあまり見ませんね。
■素材: ストレッチ鹿の子:コットン96% ポリウレタン4%

アディダス

出展:https://adidas-group.jp/company/adidas/

世界的有名ブランド、アディダス。

ありとあらゆるところで見かけますし、もう説明の必要はありませんね。

■ポイント:アディダスと言えば3本線。しっかり腕に付いてますね。
■素材: ポリエステル(100%)

■ポイント:左腕にアディダスのロゴマークだけが刻印されている、超シンプルな一品。
■素材:70% 綿, 30% ポリエステル

■ポイント:両肩から腕にかけて3本線が引かれていますね。
■素材: 綿58%, ポリエステル42%

■ポイント:ダーク系の生地に黒色のロゴなので目立ちませんが、そこがまたクールですよね。
■素材: 70% 綿, 30% ポリエステル

ニューバランス

アメリカで生まれて100年以上の歴史を持つニューバランス。

そんなニューバランスがサッカー界に進出したのは、2015年と本当に最近の話。

わたしとしては、ニューバランスと言えばスニーカーなのですが、ポロシャツがこれまたカッコイイ!!

■ポイント:シンプルながらワンポイントのニューバランスマークが映えてます。
■素材:100% ポリエステル

■ポイント:ニューバランスの赤いワンポイントがカワイイです。
■素材:100% 綿

■ポイント:右腕の白い帯に目が行きますね。胸のロゴも少し大きめ。
■素材:100% ポリエステル

■ポイント:襟に細く白いラインが入っているのがクール!
■素材:100% ポリエステル

ナイキ

今ではスポーツブランドとして確立しているナイキですが、設立は1968年。

まだ50年ちょっととは思えないくらいビッグネーム。

エアマックス、エアフォース、エアジョーダンなどなど、シューズのイメージが未だに強いですが、ナイキからも良いポロシャツ出てます。

■ポイント:白地に黒のスウッシュというシンプルなデザイン。(スウォッシュではなくスウッシュが正しい)
■素材: 100%コットン

■ポイント:ナイキといえばこのワンポイント。やっぱりこのロゴはカッコイイ。
■素材: 綿(ドライポロ)

アンブロ

出展:https://twitter.com/umbrojp

アンブロは株式会社デサントのブランドって知ってましたか?(わたし、知りませんでした恥)

アンブロ自体は1924年に設立しており、1998年にデサントが日本でのライセンス契約を取得したということです。

このマークを見てサッカーイングランド代表を思う人も多いでしょう。

■ポイント:何となく無骨なロゴイメージのアンブロ。ワンポイントとはいえ力強い!
■素材:UMB バックハニカムニット

バックハニカムニット・・・肌面の凹凸組織が特徴で吸汗速乾性に優れている

■ポイント:右胸にロゴマーク、左胸に「UMBRO」の文字。それでもくどくない不思議。
■素材:ポリエステル

アスレタ

アスレタは1935年にブラジル生まれたブランドです。

サッカーブラジル代表のオフィシャルブランドにもなっていたアスレタ。

「ATHLETA」のうえにある3つの星は、ブラジル代表がアスレタのユニホームを着てワールドカップを制した数となっています。

■ポイント:アスレタといえばネイビーに白文字。左下にあるブラジルのマークもカッコイイ。
■素材:ポリエステル

■ポイント:ボーダー柄は賛否分かれそうですが、アスレタのボーダーは個人的に好きです。
■素材:ポリエステル

■ポイント:左肩にプリントされてるマークもアスレタっぽいですね。
■素材:ポリエステル65% コットン35%

さいごに

「サッカーの移動着はポロシャツでキマリ」はいかがでしたでしょうか。

多くのポロシャツをピックアップしましたが、お気に入りのポロシャツが見つかれば幸いです。

もしまだ移動着としてポロシャツが手元にないようでしたら、数枚購入してみるのはいかがでしょうか。

本日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント