【テントOK!】無料で1日遊べる。穴場スポット・流山市総合運動公園

この記事は約6分で読めます。

「地元の公園も飽きたなぁ」

「自転車で行ける範囲の公園も通いつめちゃったし」

「1日遊べる公園って、意外と少ないよなぁ。あっても有料なトコばっかりだし」

などなど。

子どもを遊ばせるにも、意外と頭を悩ませることが多いですよね。

我が家も同様、近場やちょっと足を伸ばした公園は大体行ってまして。

子どもたちも新たな公園に行って新鮮さを味わいたい様子もうかがえたなか、

今回行った公園がこちら!

流山市総合運動公園!!

ネーミングは少しカタイ感じですが、広大な敷地に遊具がちりばめられたこの公園。

行ってみてゼッタイ損はないです!!

今回はそんな流山市総合運動公園について紹介していきます。

流山市総合運動公園までのアクセス

駐車場が3つあり、北側駐車場はとても広いです。

そして何より駐車場が無料なところも良心的!

電車でもTX「流山セントラルパーク」駅から徒歩でラクラク。

アクセス【電車】つくばエクスプレス「流山セントラルパーク」駅より徒歩約5分
総武流山電鉄「流山」駅より徒歩約20分
【備考】
「流山セントラルパーク」駅から行くのがオススメ!
子どもの足を考えると駅から10分と思っていた方が良いです。
所在地〒270-0135 千葉県流山市野々下1丁目40番1
駐車場・流山市総合運動公園 北側駐車場
・流山市総合運動公園 西側駐車場
・流山市総合運動公園 南側駐車場
【備考】
・駐車場はすべて無料!
・北側駐車場が一番広い

流山セントラルパーク駅からの行き方

我が家はつくばエクスプレス「流山セントラルパーク」駅から徒歩で向かいました。

まずは駅からの道順を紹介しますね。

駅に到着。始発の秋葉原からなら28分ほど。

駅の改札はこんな感じ。

改札出入り口はひとつだけです。

改札正面にファミリーマートがあります。

公園前の道のりにコンビニやスーパーはありませんので、何か買うならここで済ませましょう。

ちなみに帰りに気づきましたが、駅のそばにマミーマートがありました。

でもちょっと歩くと思います。

ちょっと見づらいですが、画像真ん中あたりにマミーマートの看板が見えます。

流山総合運動公園は改札を出てまずは左に進みます。

看板のとおり、流山市総合運動公園を指す左方向へ進みます。

左方向へずーーっと真っすぐ歩きますが、正直、目印となるものがほぼありません。

右手に若葉薬局という薬局があります。

ひたすら真っすぐ歩くと、再び看板が出てきます。

ここでは横断歩道を渡ったのち、「キッコーマンアリーナ」を指す左方向に進みます。

ここの看板には「流山市総合運動公園」の名称は出てきません。

横断歩道を渡って左折したら、ひたすらこんな道を歩きます。

歩道にしては道幅がかなり広い

ので、小さいお子さんでも比較的安全に歩けますよ!

ベビーカーも悠々通れますし、すれ違ってもまずぶつかることはありません。

道幅広くてラクラク

横断歩道を左折してしばらく歩くと、右手に「キッコーマンアリーナ」の看板が。

ここまで来れば公園までもうすぐ。

キッコーマンアリーナは流山市総合運動公園内にあるので到着したも同然です。

キッコーマンアリーナの看板はかなり目立ってます。

総合運動公園の案内図まで出てきますので、もうこれでわかりますね。

さっきのキッコーマンアリーナの看板は、地図でいうテニスコートの前にあります。

ちなみにキッコーマンアリーナのトイレはすごくキレイ!

流山市総合運動公園はこんなところ

広大な自然に囲まれた流山市総合運動公園。

アスレチック遊具も豊富で、公園に到着した瞬間、子供たちの目が輝くこと間違いナシ!

アスレチック遊具案内図

けっこうアスレチックの種類が豊富ですよね!

ちなみにアスレチック遊具のほとんどが土の上に作られています。

もちろん転んだり遊具から落ちてしまうと痛いですが、大ケガのリスクは回避できそうな感じでした。

一番人気のアスレチック

私が行ったときに列になっていたアスレチック。

それは「ロープウェイ」でした。

私が子供のころもロープウェイ、かなり人気でした。

昔も今も、人気な遊具というのは変わらないものですね!

長さ2,30メートルほどのロープウェイでした。

地図にない遊具

アスレチック遊具とは一線を画すのでしょうか。

なぜか先ほどの「アスレチック遊具案内図」には紹介されていないこの遊具。

しかし間違いなくこの公園で一番の人だかりを見せたのがコレ。

なんかハウルの動く城みたい。

こんなデカい遊具みたら、子どものテンション一気にMAXです。

あらゆる遊具が「これでもか!」というくらい連なってます。

このすべり台をやりたいがために、多くの子どもたちが頂上まで列をなしてました。

ちなみに比較的小柄な我が家の5歳児は、勢い余ってお尻が少し浮いてました。

危険なほど浮いてませんので大丈夫ですが、そんなスリルが子どもにとっては楽しくて仕方ない!

少し急でけっこう長めのすべり台でした。そりゃ子どもたち喜びます。

ちなみに「流山スライダー」というすべり台もあります。

小さいお子さんならこれで十分かな。

これなら親御さんも安心ですね。

テントも張れる!

緑色のテントが我が家のテントです。

簡易的な小さなテントですが、けっこう本格的なテントを張っている家族もいらっしゃいました。

この写真の奥の方にも広場が見えると思いますが、そちらにも多くの家族がテントを張ってます。

お昼くらいになるとみんなテントの中でランチを食べてました。

奥の防災広場では家族でバレーボールやドッチボールなどをやっていました。

お気に入りのテントをみつけよう!

【デカトロン】

【Decathlon】

【ナチュラム】

アウトドア&スポーツ ナチュラム

大量のトーテムポール

アスレチック広場をずっと下っていくと、大量のトーテムポールが!

なんかクオリティ高い!?
これは・・・なんだ!?
手、手、手!!

こんなトーテムポール群、初めてみました。

この辺一帯はピクニック広場と呼ばれていますが、広場がトーテムポールに囲まれています。

ちなみにこのピクニック広場、名前のとおり広々でテントを設置する家族もたくさんいました。

ランチをして食べ終わったらボール遊び、フリスビー、何でもOKなくらい広いです。

さいごに

流山市総合運動公園、いかがでしたでしょうか。

これだけ遊具があって、広場があって、テントも張れて、駐車場が無料で、入場料無料で。

本当、気持ち良く、伸び伸びと遊べる、そしてお財布にも優しいすばらしい公園でした。

今回は行っていませんが、バーベキューサイトという場所もあるので、夏場なんて大盛り上がりな場所でしょう!

行ってみて損はしない、そんな公園でしたので皆さんも一度行ってみてはいかがでしょうか。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上ケンでした。

コメント