【共働き】ワンオペで回すための必須アイテム~ドラム式洗濯機~

この記事は約33分で読めます。

家事、育児のワンオペ、けっこうシンドイですよね。

朝から出勤して、子どものお迎え時間が迫って来れば追われるように退社して。(周囲の目も気になる)

残業なんてする余地がありませんので、日中からいかに効率的に仕事をするか。

聞く人によっては怒るかもしれませんが、

「残業できたらどれほどラクだろうか。」

そんな風にも考えてしまいますよね。

とはいえ、ワンオペ民(わたしの場合は部分的ワンオペ)にとっての勝負は退社してからも続きます。

わたしの場合、まず保育園の預かりリミット18:30の次男をピックアップして、19:00に学童に通う長男をピックアップ。

帰宅してから夕飯の支度、風呂、洗濯、歯磨きの仕上げ・・・

まさに退社してからが勝負時間!

気持ちを仕切り直さないとやってられません。

とはいえ何といっても時間がない。

日々そう思いながら行きついた考え、それは、

「お金で買える時間は買った方が良い」

「お金で時間を買う」とは?

「お金じゃ時間は買えない」

以前はそう考えていましたが、今では声を大にして言えます。

お金で買える時間もある!と。

もう少し正確に言うと、

「お金で時間を買った気持ちになれる」

といったところです。

お金で時間を買うという行為は万人ウケするものではありません。

お金で時間を買ったと思えるか、思えないか、それは個々の価値観によるところが大きいです。

時間を買うを違った表現をするなら、

「これ買って生活がラクになった!」

が一番近いかなと思います。

「お金で時間を買った」と強く感じたモノ

これは間違いなく、

ドラム式洗濯機!!

ワンオペ民のわたしにとってはなくてはならない代物であり白物。

どれだけワンオペ民であるわたしの味方になってくれているか。

ワンオペ民でドラム式洗濯機を使っていない人は、かなり時間を損している気がしてしまうほど。

すでに知れ渡っているドラム式洗濯機。

あらためてワンオペ的視点から紹介していきます。

ドラム式洗濯機を使うことでうまれる時間

まず前もって言いたいこと、それは、ドラム式洗濯機を使うことで

「1時間、2時間も時間が浮くわけではありません」

ドラム式洗濯機にそこまでは求められないことは前もってお伝えしておきます。

では、どれほどの時間の猶予がうまれるか。

時間換算すると5~10分程度です。(※わたし個人の感覚です)

なぜ5~10分と換算されるか

ドラム式洗濯機の一番の特徴。それは、

乾燥機能が付いている。

この点は非常に大きな利点と考えます。

後ほどご説明しますがわたしの場合、乾燥機はタオル類でしか使いません。

上着やズボン等は普通に洗濯し、普通に干します。

「そんなの、縦型洗濯機と同じじゃん」

そうです、そこだけ見れば縦型洗濯機と同じ。

でもタオル類は乾燥まで行うので、タオル類を干す時間は削減されます。

このタオル類を干す時間が5~10分で、この時間が浮きます。

5~10分では何もできない?

「たった5~10分だけ!?それだけのために高価なドラム式洗濯機は買いたくない!」

そう思うことでしょう。

「でもひと月で考えれば150~300分の時間が浮きますよね?」

なんて考えも持てますが、これではお金で時間を買ったなんて言えないですし、メリットとしてかなり弱い。

そして何より、この150~300分をどこかでまとめて使えるわけではありませんので、どうしてもその恩恵は感じにくいです。

「任せられる」という安心感

「5~10分、タオル類を干す時間が削減される」

これは紛れもない事実と言えます。

でも「それじゃドラム式にしてみようかな!」という動機づけとしてはかなり弱い。

ではドラム式洗濯機に何を求めるのか。

それは、

「このあとすべてを任せられる安心」

ということになり、それによって得られる精神的ゆとりとなるでしょう。

個人差もあるでしょうが大体、洗濯~脱水までの時間が30~40分程度。

要するに、

「30~40分後に洗濯が終わる」

これを頭の片隅に置いておきながら家事を行わなくてはいけないのです。

大した話じゃないと思うかもしれませんが、ワンオペ中に頭の片隅に置いておくってけっこう面倒なんです。

その時、その時で対応しなくてはいけないルーティンから外れるアクシデントなども発生するのです。

子どもたちのこぼした、壊した、もらした・・・などなど。

頭の片隅にある「30~40分後に洗濯が終わるから、その後に干さなきゃ」

こんな記憶、すっ飛ぶ可能性大。

下手したら翌朝まで忘れます。

でも洗濯~脱水~乾燥までドラム式洗濯機に任せられれば、スイッチオンでもうノータッチ。

干さなくてイイですし、乾燥が終われば畳んでしまう、これだけ。

あの乾いたフカフカのタオル類を取り出す瞬間、

「ドラム式洗濯機で良かった」

と毎回思っています。(これは大げさではないです)

なぜタオル類のみ乾燥機を使うのか

その理由はカンタンで、

「タオル類がフワフワに仕上がる」

からです。

ヒートポンプ乾燥やヒーター乾燥など、乾燥方法によって仕上がりは異なるでしょう。

我が家はヒートポンプ乾燥ですが、毎回フワフワに仕上がってくれます。

ちなみにヒートポンプは約60℃、ヒーター乾燥は約80℃。

ただ、ヒートポンプでもフワフワ感はしっかりあります。(ヒートポンプのが経済的に良い)

衣服をかけない理由

その理由はカンタンで、

「衣服が傷んだり縮んだりすると困る」

からです。

一般的にヒートポンプは傷みにくく、縮みにくいと言われます。

しかし、我が家では子供服を乾燥機にかけた際、しっかり一回り縮んだ感じがしました。(ちなみにヒートポンプ)

それから衣服を乾燥機に入れることは避けるようになりました。

ドラム式洗濯機を使うことでのデメリット

ここまではどちらかと言えば、

「やっぱりドラム式洗濯機(乾燥機)は便利だよね」

「乾燥機を使うと多少なり時間や精神的余裕が持てる可能性があるよね」

といったメリットを紹介しました。

でも、約5年ほど使ってきたドラム式洗濯機にデメリットを感じる部分があるのも事実。

ここからは個人的にデメリットを感じた点を紹介します。

衣服が縮む恐れがある

これは先ほども記載したとおり、衣服が縮む可能性があります。

縮んだり痛んだりするリスクがあることを考慮することはもちろん、

「乾燥機をかけても良い衣類かどうか」

この点も事前に確認しておきましょう。

ちなみにわたしのオススメは先に書いたとおり、

「衣服は乾燥機にかけない」(縮んでも良い服はいいかな、って感じです)

です。

汚れが落ちていると感じにくい

一般的に、ドラム式洗濯機は、

「ドラムを回転させて洗濯物を落として叩く」

といった洗浄方法となります。

「縦型洗濯機よりも洗浄効果が極端に劣る」

とまでは言いませんが、やはりタテ型の水流でジャブジャブ洗う洗浄方式の方が汚れが落ちる印象です。

たしかに土の付いたソックスなどをドラム式洗濯機で洗うと、多少なり汚れは残ります。

ただ、ソックスについた土汚れはタテ型洗濯機の水流でも落ちにくい点を考えると、

「そもそも土汚れは手洗いしろ」

ということかもしれませんね。

ドラム式洗濯機の洗浄能力が極端に低いというわけではありませんが、

やはり水流でジャブジャブ洗っている光景の方が、汚れを落としている感は強い印象です。

乾燥フィルターの掃除が必要

タオル類に絞って乾燥機をかけているからかもしれませんが、

乾燥フィルターには多くのホコリが溜まります。

このフィルターは乾燥の都度、毎回除去する必要があります。

別に除去を忘れたからといって全く乾かない、といったことはありません。

一度忘れたくらいなら十分乾燥できるでしょう。

ただ、フィルターにホコリが溜まっていれば乾燥能力は落ちますし、

そのまま使い続ければ洗濯機内部のポンプにもホコリが溜まってしまい、極端に乾燥能力は落ちます。

ポンプ内のホコリの除去は大変(素人がやるとポンプに穴をあけてしまう恐れも)。

こまめにフィルター掃除をすることが長期的に、効果的に使っていく秘訣となります。

が、やはりこのフィルター掃除、ただブラシで取れば良いだけの話ではありますがちょいと面倒です。

縦型よりも値段が高い

タテ型で高価な洗濯機も出てきましたが、

全般的にやはりドラム式洗濯機の方が値段が高くつくでしょう。

この点については節水効果や利便性などと比較したうえで、各々がどちらを選ぶかによります。

ただ、個人的にはやはりドラム式洗濯機で「すべてを任せられる」というメリットが勝るところ。

ドラム式洗濯機に価値観を持てた人であれば、やはりドラム式をオススメしたい。

オススメのドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機といっても、各社出しているドラム式洗濯機の性能はさまざま。

どこのメーカーのドラム式洗濯機を選べば良いか、よくわからないですよね。

結局はご自身のライフスタイルに適したモノをチョイスするのが一番ですが、

どんな特徴があるのかは知っておきたいところ。

ここからは各メーカーが出しているドラム式洗濯機について、特徴を踏まえて紹介します。

東芝 ZABOON

東芝といえば「ZABOONシリーズ」

我が家でもかれこれ5年程度、ZABOONのドラム式洗濯機を使っています。

我が家のドラム式洗濯機はかなり古く、もう何年落ち?な感じですが、今でもバリバリ洗濯してくれます。

最近のシリーズでは、

「ウルトラファインバブル洗浄」

「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」

「温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」

などがあり、もう面白すぎな特長満載です!!

【特長1】「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」「温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」を搭載。

~ウルトラファインバブルって??~
ウルトラファインバブルは、科学の力で発見された繊維のすき間より小さな「泡」。
その大きさは、直径1μm未満のナノサイズ。
水中で発生させても肉眼では透明な水にしか見えません。
ところが、ウルトラファインバブルには、洗剤の洗浄成分(界面活性剤)の効果を高める力があります。しかも、繊維の奥にしっかり浸透して、汚れを落としやすくします。

https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/

■抗菌ウルトラファインバブル洗浄W
ウルトラファインバブルに「抗菌作用」を付加した洗浄方法です。
抗菌方法は銀イオンを洗濯槽内に発生させ衣類を抗菌。
菌の減少率99%以上という試験結果となっています。

■温水抗菌ウルトラファインバブル洗浄W
温水で洗浄効果を高める優れもの。
温度は15℃、30℃、40℃、50℃、60℃とあり、汚れ具合や衣類の特徴によって使い分けすることができます。

【特長2】ふんわリッチ乾燥

きな洗濯槽で、衣類を舞い上げふわっと広げ、
大量の風を当ててシワを伸ばします。さらにヒートポンプならではのやさしい温風で、ふんわり仕上げます。
容量は、業界トップクラスの7kg。
4人家族1日分以上の衣類を一度に乾燥。
大きなダブルのマイヤー毛布も乾燥できます。

https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/

■ヒートポンプ除湿乾燥
約65℃の低温風で除湿しながらやさしく乾かすので、熱による傷みや縮みを抑えます。

【特長3】乾燥フィルターラクラクお手入れ

我が家の古いタイプには無いこの機能。
乾燥フィルターのお手入れがワンプッシュででできちゃうスグレモノ。
「地味な特徴」と思われるかもしれませんが、結構フィルターの手入れって面倒。
この機能、個人的にうらやましいです。

パナソニック

パナソニックのドラム式洗濯機も大変人気です。

パナソニックのドラム式洗濯機は主に「NA-LXシリーズ」と「NA-LXシリーズ」があります。

「NA-LX」は機能性はもちろん、とてもオシャレ。

ですがここでは「NA-LX」の「125AL」について紹介します。

【特長1】スゴ落ち泡洗浄を搭載!
濃密な泡と高浸透のバブルシャワーによって、繊維の奥の汚れも劇的に落とすという優れものです。

■濃密な泡

高濃度の洗剤液を循環ポンプで「泡生成ボックス」へ。
空気を引き込みながら泡を生成すると同時に、勢いよく槽内へ噴射します。

https://panasonic.jp/

■高浸透バブルシャワー

泡生成と同時に勢いよくシャワーを噴射し、泡を繊維の奥まで浸透させ、汚れにアタックします。

https://panasonic.jp/

また、「たたき洗い」、「もみ洗い」、「押し洗い」、3つの洗い方で洗浄効果もバツグンです!

【特長2】はやふわ乾燥 ヒートポンプ
大風量の風を直接衣類に吹きかけるため、シワを抑え、後方からはワイド風を当てるためふんわり仕上がります。

~スピーディにふんわり仕上げる仕組み~

1.除湿された空気を加熱器で温める
2.乾いた大風量の温風を洗濯槽へ
3.衣類から水分を吸収→湿気を含んだ空気をヒートポンプユニットへ
4.湿気を含んだ空気を冷却器で冷やし結露して除湿する

https://panasonic.jp/

~ふんわりジェット乾燥~

後方から、ワイド風をたっぷり当て、大きな洗濯槽の中で衣類を大きく動かしながら乾燥。シワを抑えふんわり仕上げます。大風量で衣類内の水分を抜けやすくし、効率的に速く乾かせます。

https://panasonic.jp/

【特長3】ナノイーX搭載

ナノイーXは、周囲を水に包まれた直径5~20 nmの微細なイオン。繊維の奥に入り込み、菌やニオイの元に吸着して働きを抑制します。
ドラム式洗濯乾燥機は、濃度約10倍のナノイーXを搭載しています。

https://panasonic.jp/

ナノイーXには、「消臭」、「花粉抑制」、「除菌・ウイルス抑制」の効果が期待できます。

水洗いができない皮革製品やコートなどのニオイや花粉、ウイルス等が気になる!

ナノイーXは水を必要としませんので、そんな「家庭で洗いにくいモノ」にも対応できます。

日立 ビッグドラム

日立と言えば「ビッグドラム」

CMでも見かけるので知っている人も多いのではないでしょうか。

ドラム式洗濯機の特長に「落として洗う」が多い中、「ナイアガラ洗浄」という水々しい洗浄方法。

正直、ビッグドラムも個人的にすごく気になっていました。

【特長1】温水ナイアガラ洗浄を搭載!
ビッグドラムも洗浄力に注力しています。
縦型よりもどうしても洗浄力が劣ると言われがちがドラム式。
しかしこのビッグドラムではナイアガラ循環シャワーを利用し、大流量を洗浄を実現しています。
しかもナイアガラ洗浄に温水機能を付加したビッグドラム。
高い洗浄力が期待できます。

高濃度洗剤液を高速の温風で温めて洗剤の酵素パワーを引き出します。ミスト状にして吹きつけながら循環させることで、衣類を約40〜50℃にスピーディーに温め、黄ばみを落とし、ニオイも抑えます。

https://kadenfan.hitachi.co.jp/

【特長2】温め自動モード

水温13℃以下のとき、衣類に温水ミストを吹きつけ、洗剤の酵素パワーを引き出して洗浄力を高めます。1度の設定で毎回作動します。

https://kadenfan.hitachi.co.jp/

洗浄力を左右する水温。
ビッグドラムは水温にもこだわりを見せます。

【特長3】風アイロン

大容積のビッグドラムの中で衣類を大きく舞い上げながら乾燥。時速約300km※1の高速風を吹きかけて、シワを伸ばします。衣類を蒸らした状態で風を当てることで袖まできれいに。また、衣類温度約65℃※2の低温乾燥で、ふんわりやさしく仕上げます。

https://kadenfan.hitachi.co.jp/

形状記憶の衣類が増えましたが、
やはりアイロンがけをしないとシワが残ってしまうことが多いです。
ビッグドラムの風アイロンは、なんと時速300㎞の風を衣類に吹きかけてシワをのばします。
形状記憶の衣類に対して風アイロン。
アイロンがけにかかる時間がさらに減ることでしょう。

シャープ

いろいろドラム式洗濯機をみましたが、シャープのドラム式洗濯機の評価が異常に高い!

使ったことがないので個人的な感想は言えませんが、シャープのドラム式洗濯機についてはレビューも含めて紹介していきます。

【特長1】マイクロ高圧洗浄

清潔な水道水を毎秒100万個以上の微細な水滴にして、高圧シャワーノズルから衣類に噴射。衣類にやさしく、繊維の奥の汚れまでしっかり落とします。

https://jp.sharp/

「温水極め洗いコース」では、衣類と水の温度を35℃前後にすることで、高い洗浄力を発揮します。

またシャープのドア裏は「ひまわりガラス」という、ひまわりの種の配列を応用した凹凸でしっかりこすり洗いも実現。

【特長2】ハイブリッド乾燥NEXT

湿度センサーを搭載し、AI制御で乾燥力がさらに進化した「ハイブリッド乾燥NEXT」を新搭載。布質にあわせて乾燥運転を制御するので、乾燥ムラを抑えることができます。フード付きのパーカーやズボンのポケットなど、厚手の衣類でもしっかり乾燥します。

https://jp.sharp/

【特長3】「乾燥フィルター自動お掃除」と「乾燥ダクト自動お掃除」
これに関しては目から鱗。
乾燥フィルターの掃除は正直面倒ですし、乾燥ダクトに至っては素人では掃除が難しいです。
そんな手間&難しい掃除を自動でやってくれるなんて本当にすばらしい!!

~乾燥フィルター自動お掃除~
乾燥終了後に、ブレードが自動的で作動し、乾燥フィルターに溜まったホコリをダストボックスに集めます。あとはホコリをつまんで捨てるだけでカンタンにお手入れが完了します。

https://jp.sharp/

~乾燥ダクト自動お掃除~
乾燥ダクトと排気口についた洗剤成分と一緒に固まる糸くずを、次の洗濯時に給水を利用して自動で洗い流して、乾燥効率の低下を抑制。また、ホコリが残りにくいダクト形状で、お手入れの手間を省きます。

https://jp.sharp/

~レビュー~

Aさん
Aさん

何と言ってもデザインがオシャレです。いい意味で洗濯機ぽく無いです。
・最上位機種なのに比較的小型です。他のメーカーだと最上位機種では洗濯12kgとかになってしまうのに、11kgで最上位なのは嬉しいです。
・ハイブリット乾燥最高です!静かで早いです。他社のドラム式は乾燥に7時間くらいかかっていました。それがシャープさんのこの機種では同じ量で2時間半で乾燥出来ました。
・乾燥機能がとてもいいので部屋干しする回数も減り、洗濯が非常に楽になってQOLが向上しました。
・フィルターのお手入れが簡単でめちゃくちゃ楽です。ずぼらな人にはとてもいいと思います。

Bさん
Bさん

・洗濯→洗剤自動投入は便利。最適な分量を自動で投入してくれるので安心。洗剤の入れすぎを回避。AIでの洗いあがりも満足。

・乾燥→ふんわり。問題なし。乾燥後のゴミのお手入れも自動収集のおかげで楽。変な埃の詰まりも今のところなし。
・乾燥時の空気が完全内部循環なので、いつの間にか洗濯置き場の周り(部屋)が埃だらけになることがない。

Cさん
Cさん

・すっきりした正面で圧迫感はあまり感じません。

・一般洗濯物,ドライクリーニングを行うようなもの,大物などいろいろと試しましたが,特に汚れ落ちで気になるようなことはありません。

・乾燥性能は素晴らしいの一言です。「え,乾燥してるの?」ってくらい静かで,乾燥ムラは今のところ感じたことはないですし,追加で乾燥するようなこともしたことないです。

・お手入れはとても楽ちんです.洗濯時や乾燥時に出るごみはそれぞれ別々に集められていますが,とても楽です。お手入れしにくい部分を洗濯機が自動的にお手入れしてくれる機能も備えているようなので安心です。

さいごに

【共働き】ワンオペで回すための必須アイテム~ドラム式洗濯機~

いかがでしたでしょうか。

ドラム式洗濯機は決して安い買い物ではありませんし、初めての方は手を出すのにいろいろ悩むことでしょう。

しかしワンオペ、もしくは私のような一時的ワンオペ民がドラム式洗濯機を利用しない手はありません。

高い買い物かもしれませんが、きっとあなたの手となり足となってくれることでしょう。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント