【効果あり】何でオドレミンで足のニオイが消えるのか?

この記事は約7分で読めます。

足のニオイに悩まされている方、男女問わず多いと思います。

夏場は汗をかくから蒸れますし、「冬は寒いから」と思いきや、靴の中はかなり蒸れます。

もう足のニオイから解放されませんか?

「そんなカンタンに治るワケが・・・」

長年悩み続けたであろう足のニオイ、カンタンに治るワケないと思いますよね?

でも望みはあります!!

なぜなら、オドレミンなら足のニオイが消える可能性大だからです!!

わたしの足のニオイはオドレミンで解消されました。

実際に消えた話はこちらの記事にまとめています。

ではこのオドレミンでなぜ足のニオイは消えたのでしょうか。

ここではオドレミンの成分・効果について書いていきます。

オドレミンの成分

オドレミンは「日邦薬品工業 株式会社」が販売元の商品です。

ワキガや汗のニオイ、制汗剤として効果を発揮します。

主な成分
・塩化アルミニウム
・グリセリン
・水

これだけです。

有効成分は塩化アルミニウムのみというシンプルな作りです。

では塩化アルミニウムはどのような効果を発揮するのでしょうか。

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは、汗を出す管を塞ぐことで汗をかく量を減らす効果があると言われます。

要は、

汗を抑える=ニオイの原因を減らす

ということです。

オドレミンはデオドラントとは働き方が違う

よく市販で売られているデオドラント。

これは汗そのもののニオイを抑える、他のニオイで消す(ごまかす)という効果があります。

しかしオドレミンの場合は、汗腺自体を塞ぎます。

ニオイの原因となる「汗」をかく量自体を減らすので、ニオイも抑制されるという仕組みです。

どちらも汗に対して効果を発揮しますが、その働きは根本的に違うのです。

オドレミンの効果継続時間

オドレミンが効果を発揮する時間ですが、

結論:洗い流すまで効果が持続します。

デオドラントスプレーやロールオンタイプの制汗剤は、数時間後には効果が減少します。

しかしオドレミンの場合、洗い流すまで効果が持続するので安心です。

なぜ足のニオイに効くのか

オドレミンの効能には、「ワキガや汗のニオイ、制汗」と記載があります。

「足のニオイに効く」なんてことは書いていません。

では、なぜ足のニオイが解消されるのか?

結論、ニオイの原因は汗にあるからです。

足の裏は、身体の中でも汗をかきやすい箇所となります。

両足で1日200ml(コップ1杯)分の汗をかくと言われます。

それが靴の中で起こっているワケで、そこに雑菌が繁殖してニオイを発生させます。

要するに、オドレミンでその汗を抑制し、雑菌の繁殖を抑えてニオイを減らすというワケです。

革靴の中の足は蒸れに蒸れている

スニーカーと比べ、やはり革靴の通気性はあまりよくありません。

長時間、革靴を履いて仕事をしていると、足の中が少しヌルヌルした感触があります。

これは完全に蒸れている証拠。

ヌルヌルまで感じてしまうとなると、足が蒸れているという表現では足りないでしょう。

わたしの場合、長時間革靴を履いているとヌルヌルした感触がありました。

そんな状態でありながら、前日の夜にオドレミンを塗ることを3日間続けました。

すると、靴の中は蒸れているものの、ヌルヌルまでは感じることがなくなりました。

むしろサラサラまで感じましたので、オドレミンがしっかり効果を発揮したのだと思います。

足臭対策としてオドレミンを1度は試してほしい

これまで何をやっても1日たてば足が臭くなっていたわたし。

そんなわたしがたった3日間オドレミンを使ってニオイが消えました。

足臭の問題
・足のニオイは知人には知られたくない。
・夜自宅に帰ると、必ず誰かに足がクサいといわれる。

このような理由で、日中は絶対に靴を脱ぎたくないと思っていました。

しかし、こまめに靴は脱いだ方が蒸れを軽減するので良いです。

わたしも仕事中、デスクの下でよく靴を脱いでいました。

けれどもそこには大きな問題があり、靴を脱げばニオイが周囲に拡散されます。

それくらいわたしの足臭はヒドイものだったのですが、これもすべてオドレミンが解決しました。

1回にどれくらいの量を使うべきか

オドレミンの1回使用量ですが、両足あわせて2、3滴をすり込んでやればOKです。

オドレミンの内容量は25mlと少なく、小さな小瓶が届いたときはその量の少なさにビビりました。

「こんなもん、すぐになくなってしまう。何というコスパの悪さ!」

そこまで思ってしまったのですが、そもそも1回に2、3滴しか使いません。

25mlでも十分量は多いです。

なぜオドレミンで足のニオイが消える まとめ

オドレミンの有効成分は塩化アルミニウム
塩化アルミニウムが汗腺を塞ぎ、汗の量を抑制する
ニオイの原因は汗だが、オドレミンは汗の量自体を減らす
オドレミンは洗い流すまで効果が持続する
両足の1日の発汗量は200mlで、身体の中でも多い
革靴を履き続けてヌルヌルした足が、オドレミンによって長時間履いてもサラサラ
オドレミンの内容量は25mlだが、1回の使用量は2、3滴のためコスパ良し

コメント