【感想】足のニオイはオドレミンで消えます。

この記事は約10分で読めます。

仕事から帰ってきて早々、家族に「クサい」と言われて傷ついているお父さんは多いです。

特に「足がクサい」ことに悩むお父さんは多く、家族からは生ゴミを見るかのような視線。

ツラいですよね。

わたしもその1人でした。

でも文字通り、過去形です。

洗っても数時間後にはクサくなる、あのしつこい足のニオイ。

わたしも毎晩、家族からの辛辣な言葉に傷ついていたわけです。

 

結論、足のニオイはいくら洗っても消せません。

強力なの薬用石鹸で洗っても、ニオイが消えるのはほんのひと時。

どんなに清潔にしても、日中に靴をはいて夜になればすぐに臭くなります。

 

「もう治らない、ムリゲーだよ。」

そんな風に悩み、半ば諦めているあなた!

足がクサいその悩み、解決できます!!

 

こんなわたしの長年の悩み、「足がクサい」を解決してくれたのがコレ!

今回は3日間、たったの3日間使っただけで足のニオイを解消してくれたオドレミンについて紹介します。

オドレミンって何?

オドレミンは、日邦薬品工業株式会社が発売する商品です。

「ワキガ」「皮膚汗臭」「制汗」に対して効果を発揮します。

効果の対象に「足臭」はありませんが、そこは心配しないでください。

なぜなら、足が臭くなる根本的な原因は「足汗」にあるからです。

足のニオイに長年悩まされた。

先ほど書いたとおり、わたしは足のニオイに長年悩まされました。

ニオイを解消しようと、様々な対策もしてきました。

 

・フットスプレーを使う
銀イオンや緑茶消臭、メーカーも殺菌・消臭に効くと言われる成分を前面に出してます。
わたしもそんな成分たちにすがる思いで試しましたが、結果はダメ。
数時間後にはまたクサい。
むしろスプレーのニオイと足のニオイがコラボして、クサさが増してしまう始末。

・靴下を新調する
これは少しばかり効果がありました。
しかし靴下を3、4回履くと、靴下がニオイを吸収し、結果的にニオイに悩まされました。

・靴を洗う、新調する。
靴は3足をローテーションで履いてましたが、それでも帰宅時にはクサい。
洗った靴を履いても帰宅後クサい。
新品の革靴なんかは、革のニオイと足のニオイがコラボして絶望的にクサい。

・靴に10円玉を忍ばせる。
足の中で10円玉が転がり違和感はありますが、銅は消臭効果があると聞き試しました。
しかし結果は、帰宅後クサい。

・足を熱湯につける。
熱湯消毒して消臭できないかと試みました。
結果はまったく効果なし、熱いだけです。
人が耐えられる熱さで殺菌はできません。
そもそも殺菌出来ても根本解決はしません。
なぜなら、靴の中は汗で蒸れることで菌は繁殖するからです。

・イソジンで足を洗う
うがい薬のイソジン原液を足にかけ、足全体をこすり洗いします。
そのまま風呂桶に入れたお湯に足をつけ、再びお湯の中でバシャバシャ洗います。
最後にしっかりシャワーを流します。
イソジンの殺菌効果は強いので、しばらく足のニオイは消えました。
しかし菌は靴の中で繁殖するので、帰宅後やはりクサい。

・お湯にお酢を入れて数十分浸す
お酢には殺菌効果があるため、しばらくは足のニオイは消えました。
しかし菌は靴の中で繁殖するので、帰宅後やはりクサい。

 

このように、わたしは様々な方法で足のニオイからの解放を考えましたが、結果はすべてダメ。

でも、こんなにも試行錯誤したにも関わらず、オドレミンは3日、たった3日でこの問題を解決してしまったのです!

それでは、オドレミンを使った3日間を振り返ってみましょう。

【1日目 夜】初めてのオドレミン

足のニオイに悩む中、わたしAmazonでオドレミンと出会いました。

「お店で足のニオイ対策のモノを買うのって、なんか恥ずかしいな。」

そんな思いもありましたので、Amazonで誰にもバレずに購入できるのは本当に助かります。

オドレミンは効果が強いらしく、片足1滴ほどで良いみたいですが、わたしは欲張りなので、片足2滴にしました。

ちなみに、わたしが購入したオドレミンは25mlの小さな瓶に入っていますが、使用料が少ないのでこの量でまったく事足りました。(むしろたくさん余っています)

 

夜、お風呂でしっかり足を洗ってしっかり拭いたあと、オドレミン2滴を手のひらに取り、足全体にすり込みました。

オドレミンの匂いは無臭で、薬品特有の匂いすらしません。

「こんなので本当に効くのか?」

半信半疑な気持ちで、効果には期待せずにその晩は寝ました。

【2日目 朝】 もう一度オドレミン

わたしがオドレミンを使用していたのは夏場でしたので、毎朝寝汗をシャワーで流すのが日課でした。

念のため足も洗ってしっかり拭いたあと、オドレミンを片足2滴ずつすり込みました。

昨晩もオドレミンを使っていたので、こんなに使って良いものかわかりませんでしたが、シャワーでオドレミンは流れてしまったので朝もすりこみました。

ちなみに、シャワーを浴びないのであれば、朝のオドレミンは不要です。

【2日目 夜】効いているのか?オドレミン

「あれ?何となく足がクサくない気がする。」

正直、自分の嗅覚を疑いました。

家族の様子もうかがいましたが、まったくの無反応。

「たまたま足のニオイが家族に届いていないだけかも」

そのように考え、2日目夜もしっかり足を洗ってからオドレミンを片足2滴ずつすりこみ就寝。

【3日目 朝】晴れやかな朝。オドレミン

朝起きてから足のニオイをチェック。

「あれ?臭くない!」

足がクサくないことを自覚するだけで、朝から晴れやかな気分になりました。

でも足のニオイ問題は帰宅後の足です。

有頂天にならず、3日目朝もシャワー後にオドレミンを片足2滴ずつすりこみました。

【3日目 夜】確信へと変わった。オドレミン

帰宅途中、わたしは足のニオイを嗅ぎたくてしょうがありませんでした。

ただ、いくらなんでも出先でニオイを嗅ぐのは気が引けました。。

帰宅後、靴を脱いでまずは足のニオイチェック。

 

「・・・無臭!!」

 

この年になって久々に感動しました。

その後のオドレミンの使用について

ここまでの3日間と同様、わたしはそれから約1週間、オドレミンの使用を続けました。

オドレミンのおかげで足のニオイから解放されたわたしですが、1週間経過後、オドレミンの使用を中断してみました。

厳密にいうと、ニオイから解放されて油断したからか、少し面倒になってしまいました。

 

「3日に1回にしてみよう」

 

そう思ってから今現在、一度もオドレミンを使っていません。

オドレミンを使わなくても足からニオイがなくなりました。

これは奇跡みたいなもので、本来、オドレミンの使用を中断すればニオイは復活します。

なぜなら、オドレミンはニオイを無くす効果があるワケではなく、足汗を抑制し、足蒸れを発生させないことでニオイを出さない仕組みなのです。

通常、オドレミンを止めれば足汗をかき、蒸れてクサくなるハズなのです。

でも確かなことは、足のニオイにオドレミンは効果あり、ということです

まとめ

足のニオイに悩んでいる方はオドレミンを使ってみよう!
・まずはオドレミンを3日間試してみよう。
・オドレミンを2滴ほど手に取り、足にすり込もう。
・オドレミンは夜、お風呂あがりにすり込もう。
・お風呂上がりの足はしっかり拭いてからオドレミンをすり込もう。
・朝シャワーを浴びる人は、朝もオドレミンをすり込もう。
・オドレミンの使用を中断すると、再び足汗をかくので、継続して使用していこう。

コスパも悪くありませんし、これで足のニオイがなくなると考えれば最高の一品です。

ちなみに脇汗に悩んでいる方、オドレミンは脇汗にも効果ありです。

一度わきの下に塗ってみると良いです。

足のニオイにお悩みの方々、これでみなさんも足のニオイから解放されればわたしも嬉しい限りです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。

コメント