【サッカーソックス】短い履き方「ルーズ履き」のやり方

この記事は約8分で読めます。

サッカープレーヤーによってサッカーソックスの履き方もいろいろ。

ちゃんと膝下でソックス上部を折って履くプレーヤー。

膝上まで上げて、もはや太もも辺りまで上げて履くプレーヤー。

「レガース付けてます?」というくらい徹底的に下げて履くプレーヤー。

最近は膝上まで上げて履くプレーヤーを多く見かける印象です。

 

ところで、徹底的にサッカーソックスを下げているプレーヤーを見て、

「アレ、どんな風に履いてるんだろう?」

「なんであんなに下げているのにレガース見えないんだろう?」

そう思うことありませんか?

「いやいや、とりあえず極限まで下げて履けばいいだけじゃない?」

それはそうなのですが、その極限まで下げるやり方って意外と難しく感じるのは私だけでしょうか。

そこには多かれ少なかれ「下げ方」のテクニックがあると思えて仕方ありません。

今回はサッカーソックスの短い履き方、ルーズ履きについて検証していきます。

短く履く(=ルーズ履き)をするのに必要なモノ

結論から言うと、サッカーソックスを短く履く、ルーズ履きを成立させるのに必要なこと。

それは、

徹底的に小さなレガースを選ぶ

ここが最大のポイントと考えます。

それではまずこちらの画像をご覧ください。

引用:https://web.gekisaka.jp

こちらはイングランド代表のジャック・グリーリッシュ選手です。

プレーはもちろんですが、サッカーソックスを短く履くことでも有名なグリーリッシュ選手。

でもこれだけ下げてもレガースが見えません。

公式戦なのでもちろんレガースは着用しているのですが、これだけ下げてもはみ出してもいない。

相当小さなレガースを着用していることが想像できます。

小さなレガースをどう探すか

答えはカンタン!

ジュニア用のレガースを着用すれば良いのです!!

そしてジュニア用のレガースの中でも徹底的に小さなモノを探す。

これだけでかなりサッカーソックスを短くして履くことが可能です。

ちなみにわたしが愛用しているレガースはコチラ!

比較対象は500mlのペットボトルです。
手のひらサイズの極小レガース

小さなレガースの良し悪し

レガースが小さいことで、サッカーソックスを短く履ける。

これは確実に言えることです。

レガースの小ささと、サッカーソックスを短く履くこと、これらにメリットを感じる人は多いです。

レガースを「付けている」感がイヤな人

レガースが大きいことで重さを感じる人

サッカーソックスを上げることに拘束感を覚える人

他にも理由はありますが、これらを解消できるメリットがあると言えるでしょう。

ただし!

レガースはあくまでも足を守るためのツール。

足の保護の観点から言えば、手放しにオススメできるやり方とも言えません。

公式戦だと、サッカーソックスを下げることで主審注意されるケースもあります。

これらを踏まえ、自己判断で実践していくことをオススメします。

具体的にサッカーソックスをどう短く履くか

方法としては、

1.サッカーソックスを下まで大きく折り曲げる

2.サッカーソックスをレガースの下に入れ込む

この2通りが一般的と言えるでしょう。

プロサッカー選手の中には短く履く専用のサッカーソックスを作っているとも言われます。

でもアマチュアな私たちがそこまでするのか?と言われると・・・

既製品のサッカーソックスでも十分短く履く方法はありますので、まずはそこからで良いでしょう。

サッカーソックスを下まで大きく折り曲げる方法

まずこちらの画像をご覧ください。

レガース、入っているのわかりますよね?

まずはレガースを入れてサッカーソックスを上までしっかり上げます。

汚い足ですみません。

次にレガースの上あたりでサッカーソックスを折り、折ったソックスの先はそのまま下まで持ってきます。

これが「サッカーソックスを下まで大きく折り曲げる方法」です。

カンタンでしょ?

ちなみにサッカーソックスを少しめくると、

すぐにレガースが見える、そんなギリギリのラインでサッカーソックスを折り曲げてます。

サッカーソックスをレガースの下に入れ込む方法

特に難しいことは何もありません。

やり方としてまずは、

レガースを入れてサッカーソックスをしっかり上げます。

そして、

こっちの方がよりソックスを下げているように見えます。

サッカーソックスを折り曲げず、レガースの下に入れ込んでしまいます。

このやり方だと、プレー中にレガースが見えてしまうこともなくなります。

私が短く履いていたときは、このようにレガースの下に入れ込んでいました。

サッカーソックスは何でもよい?

結論、そこまで長くなければ問題なく短く見せることはできます。

目安を言うと、しっかりサッカーソックスを上げると膝が隠れる程度。

これくらいまでの長さであれば、そしてレガースさえ小さければ短く見せることは十分可能。

ただ今流行りのロングな膝上ソックスですと、できなくはありませんが不適当ではあります。

大抵のサッカーソックスは「しっかり上げて膝がやっと隠れる」くらいの長さが主流ですので、

その辺りのサッカーソックスを選んでいれば、まず問題ありません。

さいごに

【サッカーソックス】短い履き方「ルーズ履き」のやり方、いかがでしたでしょうか。

一時期、私も短く履く、ルーズ履きに凝っていました。

いかにルーズに履くか。

いかに「あれ?レガースつけてます?」って周りに思わせるか。

ちょっと主旨が変な方向に向かっていったときもありましたが、それはそれで楽しかったです。

「サッカーソックスを短く履いてみようかな?」という方にとってアドバイスとなるような記事になっていれば幸いです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント