【オススメ】何歳からデビュー?子供の歯磨きに「奇跡の歯ブラシ」

この記事は約8分で読めます。

子供による自分での歯磨き、いつから始めるのが良いか知っていますか?

結論から言うと、一般的に1歳過ぎころ、目安としては自分でスプーンを持てるころと言われています。

ただ乳歯は非常に虫歯になりやすいです。

なので我が家では前歯が生え始めたころから乳歯用歯ブラシを持たせてました。

今では小学二年生になった我が家の長男。

朝・昼・晩としっかり自分で磨く習慣はつきました。(今は学校でもちゃんと歯磨きするんですね)

しかし習慣化はしたものの、しっかり磨けているかは別問題。

今でも朝と晩は親の仕上げ磨きをするようにはしています。

ただ、特に朝は親も忙しいので、どうしても仕上げ磨きをする余裕がないときもあるのが実態。

そして何といっても親として気になるのが、虫歯。

大人でもイヤな歯医者。

子どもにとっては地獄そのもの。

歯の治療は何回も通う必要があるので、歯医者に連れて行く親にとってもかなりの労力です。

どう転んでも虫歯になって歯医者通いするなんてイヤですよね。

そこでわたしが目をつけたのが「奇跡の歯ブラシ」です。

汚れ除去力が最高な「奇跡の歯ブラシ」なのですが、コレって子供の歯磨きにゼッタイ有効!

この記事を読めば、きっと子どもの虫歯リスクを下げることの期待が持てます!!

なぜ「奇跡の歯ブラシ」が子供に良いのか?

結論から言うと、

適当に磨いても、歯と歯の間の汚れが良く落ちる

そう言ってしまうほどの洗浄力の高さにあります。

子どもがやる歯磨きって、すごく適当な感じですよね。

それでも奇跡の歯ブラシなら、しっかり汚れを除去してくれるのです。

適当磨きの子供でも汚れが良く落ちる理由

まずはこちらの画像をご覧ください。

出展:abemashopping.jp

汚れが溜まりやすいポイントがわかりやすくまとめられています。

歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目って、大人でも磨きにくいです。

でも汚れが溜まりやすいポイントの構造って、画像のとおりどれも三角形なんです。

そんな汚れも奇跡の歯ブラシなら、しっかりフィットして汚れを掻き出してくれます。

出展:abemashopping.jp

子どもと大人 使ってみた感想

【子供の感想】

・形がヘンだな(長男 7歳)

・お山みたいだね(次男 4歳)

【大人の感想】

・なんかカチッてハマる感じがした(母親)

・隙間に入り込んでいく感じは確かにする(私)

・ピラミッド型でも普段通りの歯磨きに変わりはない(私)

正直、子供たちの感想は何の参考にもなりませんが、

大人の感想からもわかるとおり、隙間にハマる、入り込んでいく感は強く感じました。

今後、プラークチェッカーを使って、奇跡の歯ブラシがどれほどの除去力があるかチェックしてみます。

子ども自分磨きのデメリット

歯磨きの際、必ずと言って良いほど子供がやること、それが、

歯ブラシを噛む

これ、どのお子さんも必ずやります。

どんなに新品な歯ブラシでも、これをやられるとすぐにブラシが開いてしまいます。

奇跡の歯ブラシを使って3日目、長男の歯ブラシはすでに開いていました。

やめなさい、といっても噛んでしまう。

こればかりはしょうがありません。

大人による仕上げ磨きは大事

奇跡の歯ブラシの除去力は確かに高いことが感じ取れました。

しかし磨いているのは子供。

やはり大人による仕上げ磨きはとても大切です。

歯ブラシを噛んでしまうことで起こるブラシの開きですが、

少し手間でも、大人による仕上げ磨きでだけ奇跡の歯ブラシを使うというやり方も良いですね。

さいごに

子供の歯磨きに「奇跡の歯ブラシ」、いかがでしたでしょうか。

まだまだ大人の手が必要な子どもたちの歯磨きですが、

奇跡の歯ブラシの高い歯垢除去力によって、虫歯リスクを下げることが期待できるでしょう。

奇跡の歯ブラシで、虫歯知らずで健康な歯を目指しましょう。

本日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント