【オススメ】iwaki「パック&レンジ」その収納性と機能性がスゴイ!

この記事は約51分で読めます。

夫婦共働きの家族で、平日に夕食の支度をするのは一苦労です。

お子さんがいる家庭ならなおさら。

仕事を終えて保育園や学童にお迎え、子供はすんなり帰ってくれるワケでもなく、子供をピックアップするだけでも大変。

そこからお風呂に入れたり、翌日の保育園や学童の準備をしたり、学校の宿題をやらせたり。

そんな中、「お腹すいた~」と子供に急かされながら作る夕飯。

もう頭の中が「わぁーーーーーー!!!!」となる親御さん、たくさんいると思います。

そんな夕食の支度の負担を少しでも軽減しようと、みなさんやっているだろう「作り置き」

作り置きをしておけば、確かに平日の夕食の支度は多少ラクになります。

レンジでチンしている間の数分で洗濯機を回せますし、次の日の保育園の準備ができます。

でも、作り置きにも難点があり、そのひとつに「冷蔵庫への収納の難しさ」があります。

「皿の大きさがバラバラなので収納しづらい」

「ラップ保管なので器を重ねられない」

「どこに何を保管しているのか見えづらい」

地味な悩みに聞こえますが、作り置きをするうえでかなり大きな問題です。

しかし、これらの問題を解決してくれるモノ、それが、

iwaki パック&レンジ

これさえあれば冷蔵庫内の収納の悩みが解消されることはもちろん、

その機能性のすばらしさを知ったら、もう欠かすことができなくなるでしょう。

「パック&レンジ」のメリット

「パック&レンジ」には多くのメリットがあります。

実用性に優れた「パック&レンジ」、そのメリットについて紹介します。

積み重ね収納が便利!

作り置きすると平日の家事がラクになるのは確かです。

しかし問題は、その作り置きした食べ物をどううまく冷蔵庫に収納するか。

皿にラップをかけて冷蔵庫へ、というのが想像できますが、欠点は上に重ねられないこと。

冷蔵庫に保管しても重ねられないので、上の空間がデッドスペースになってしまいます。

「パック&レンジ」ならスッキリ収納できる。

出展:https://igc.co.jp/shop/pg/134/

こちらの画像を見れば一目瞭然!

「パック&レンジ」なら、こんなにもキレイにムダなく収納することができます。

そして冷蔵庫にキレイに収納できるということは、食器棚にもキレイに収納できるワケです。

食器棚って結構ガチャつくので、こんな風に画一的に収納できるとストレスもたまりませんね。

ガラスだから中身がすぐわかる。

重ねて収納できることの利便性についてはご理解いただけたと思います。

しかし重ねることで新たに問題となるのが、

「どの皿に何を入れたのかが見えづらくなる」という点。

ですがこちらも先ほどの画像を見てわかるとおり、ガラス容器なので中身がすぐにわかります。

冷蔵庫の中って結構ガチャつくので、どこに何があるかが見えにくいです。

しかし透明性の高い「パック&レンジ」なら、何が入っているのかすぐにわかります。

これならついやってしまいがちな、「アレを夕食に出し忘れた!」が防げます。

洗い上がりがさっぱり!

わたしにとって「パック&レンジ」に一番感動したのが「洗い上がり」です。

食器洗いをされる方ならわかると思いますが、しっかり洗剤で洗っても、油って本当落ちない。

洗っても洗っても、指でなぞると何となくヌルヌルします。

しかもその「何となくヌルヌル」って、何となくではなくて実際に油が残っています。

ガラス製は洗いやすい

ガラス製の食器って、何となく敬遠されがち。

「ガラス製食器は重い」

「落としたらすぐ割れそう」

敬遠する理由は大体このような感じでしょう。

プラスチック製食器と「パック&レンジ」の重さを比較したら、確かにプラスチックのが軽いです。

油をスッキリ落とせるプラスチック食器もありますが、それでも毎日食器を洗うわたしからすると、ガラス製の方が洗いやすいです。

油をすぐに落とすプラスチックでも、何となくどこかヌルヌル感を覚え2度洗いすることもしばしば。

でも「パック&レンジ」はサッと水で流し、洗剤で洗えば一発でヌルヌルは取れます!

容器の角っこも丸みを帯びているので、洗い残しなく洗浄できます。

出展:https://igc.co.jp/shop/pages/packandrange.aspx/

■食洗器をお使いの方

「パック&レンジ」のガラス容器は食洗器OKです。
しかしフタについては食洗器の利用不可のモノがあります。

~食洗器可能・不可能の切り分け~

名称:フタ パック&レンジは食洗器NG

名称:フタ NEWパック&レンジは食洗器OK

「フタ パック&レンジ」の素材はポリカーボネートで食洗器NGとなります。

「フタ NEWパック&レンジ」の素材はポリプロピレンで食洗器OKとなります。

オーブン調理ができる

「パック&レンジ」の魅力のひとつに、「そのままオーブン調理ができる」の点があります。

ガラス容器が耐熱ガラスとなっているため、オーブン調理が可能となります。

出展:https://igc.co.jp/shop/pages/packandrange.aspx/

■耐熱温度と耐熱温度差の違い

iwakiのオーブン用ガラスは耐熱温度差120℃です。

一方、iwakiのオーブン用ガラスは300~350℃の熱さでも利用できます。

耐熱温度は文字通り、その容器が熱に耐えうる温度です。

耐熱温度差は、高温にしたガラスを急冷させた時、破損に耐えうる温度差です。

「パック&レンジ」のデメリット

「パック&レンジ」のメリットをいくつか紹介しましたが、やはりデメリットはあります。

ここでは「パック&レンジ」のデメリットと感じられる点を紹介します。

容器が多少重い

ガラス製ということもあり、タッパーなどと比較すると多少重さがあります。

下記に角タイプの容器の大きさや重量をまとめました。

    サイズ    実際のサイズ    容量        重量    
最小W9.3×D9.2×H5.4cm200ml170g
W13×D12.8×H5.5cm450ml298g
普通
(長方形)
W18.6×D9.3×H5.5cm500ml361g
W15.6×D15.6×H5.5cm800ml506g
W18.5×D18.5×H5.5cm1200ml706g

フタは密閉仕様とそうでない仕様に分かれる

「パック&レンジ」はパッキンがついていません。

そのため密閉仕様にはなっていません。

「密閉パック&レンジ」は密閉仕様になっていますので、密閉にこだわりのある方はこちらを選ぶと良いです。

ただし密閉とはいえ、横に傾けての保管はできないので注意しましょう。

フタが多少かため

「パック&レンジ」のフタの素材は「ポリカーボネート」で少しカタめになっています。

「フタが閉めにくい」、「フタが開けにくい」とまではいきませんが、

やわらかめのフタを希望される方は、素材にポリプロピレンを使用した「NEWパック&レンジ」をチョイスすると良いでしょう。

■フタはバラで別売りもされている。

フタの品番と、ガラス容器底面に刻印されている4ケタの数字が一致していれば、そのフタとガラス容器はサイズが同じです。

なので、「パック&レンジのフタを、NEWパック&レンジにかえたい」といったことも可能です。

商品一覧

ここでは「パック&レンジ」、「NEWパック&レンジ」、「密閉パック&レンジ」の各商品について紹介します。

パック&レンジ

NEWパック&レンジ

密閉パック&レンジ

さいごに

iwaki「パック&レンジ」はいかがでしたでしょうか。

「パック&レンジ」が作り置きに最適であることはご理解いただけたと思います。

これまで収納に苦労されていた方、ストレスを感じていた方。

この「パック&レンジ」を使えば、そんなあなたの悩みも解決してくれることでしょう。

一家にワンセット「パック&レンジ」があれば、より快適な作り置き生活が望めることでしょう。

本日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント