【感想】(6ヵ月)ガレイド電動歯ブラシを使ってみて

この記事は約13分で読めます。

ガレイド電動歯ブラシを購入、使い始めて6ヶ月が経過しました。

サブスクの電動歯ブラシということで、その使用感に疑心暗鬼でしたが気づけばもう半年。

今回は使用して6ヶ月経過したガレイド電動歯ブラシの使用感や機器の状態等について報告します。

磨き心地について

初めてガレイド電動歯ブラシを使ったときの第一声、それは、

「とにかく歯がスッキリする」

そのスッキリ感はこれまでのブラッシングでは味わえない感動でした。

口の中ではなく「歯」がスッキリするというこの表現。

伝わるようで伝わりづらいこの感動でしたが、使い始めだからという疑いもありました。

ヌルヌル感が解消!

さて、この「とにかく歯がスッキリする」という感動。

この感動は6ヶ月経過した今でも強く感じられています。

一度のブラッシングで歯のヌルヌル感の解消を実感できます!

ただし、「夜磨けば朝までヌルヌル感がありません!」

そんなうたい文句を見たことありますが、正直言ってそれはありません。

夜磨いても、朝起きれば多少なり口の中のコンディションは良くない感じはします。

「夜磨けば朝までスッキリ」

そんな歯ブラシ本当にあるのかも疑わしいのですが、

ガレイド電動歯ブラシではそこまでの体験は今のところ私はしていません。

そもそもそこまで望んでませんし、朝は朝でしっかり磨くので問題ないのですけどね。

歯間までは届かない?

残念ながら歯間までは十分届いていないと思います。

「プラークチェッカー」みたいなもので調べてみたことはありませんが、スッキリ感はないです。

というのも、私は歯磨き前にフロスをやりますので、やっぱりフロスに歯間スッキリの勝負は勝てないでしょう。

むしろ歯間スッキリ勝負でフロスに勝てる歯ブラシがあるのかも疑問ですが・・・

どんな高性能な歯ブラシであれ、やっぱりフロスはやるべきではないかと思います。

虫歯ケアはできているのか

「虫歯ケアできてます!」

こんな風に力強く言うことはできませが、やはり虫歯予防できているかどうかは大事ですよね。

「歯がスッキリ」という感動はもちろん素晴らしいですが、歯磨きの主旨はデンタルケア。

根本を間違えてはいけません。

今のところ虫歯はゼロ

少なくともガレイド電動歯ブラシにしてから歯医者には行ってません。

歯が痛いといった虫歯の症状もありませんし、そう考えるとしっかり磨けているのかなという感想です。

とはいえ、ガレイド電動歯ブラシを使用してからまだ6ヶ月。

虫歯ケアに対する効果についてはもう少し様子を見た方が良さそうです。

ますます「プラークチェッカー」で歯磨きの状態を知りたくなります。

5つのブラッシングモード

ガレイド電動歯ブラシには5つのブラッシングモードがあります。

・クリーニングモード

・ソフトモード

・マッサージモード

・ホワイトニングモード

・ケアモード

「いろいろモードがあって楽しい!」

そんなことを思いながら、購入当初はいろいろモードを試していました。

当時、ケアモードなんかは意外とお気に入りのモードでもありました。

専らクリーニングモードを使用

今はクリーニングモード一択です。

メーカーさんには申し訳ないのですが、正直、それ以外のモードは全く使ってません。

恐らく他のモードも使い道があると思いますし、わたしが使いこなせてないだけです。

でも今のわたしはクリーニングモードだけでも十分スッキリ磨けていますので、当分このモードを使っていくでしょう。

新たな感動を味わえるモードといつか出会えると、また歯磨きが楽しくなりそうな予感です。

充電について

正直、充電については一番気がかりでした。

スマホの充電のように、使い続けていると消耗が激しくなると思ったのがその理由。

もちろん電動歯ブラシは振動だけなので、スマホとは電力使用量が違うのでしょうが、

やはり充電式となればここは誰もが気になるところでしょう。

驚異の充電回数4回

6ヶ月使用しましたが、ここまでの充電回数がナントたった4回。

フル充電が完了するのに1回8時間、説明書には1日2回の使用で約45日使えると記載があります。

「いやいや、8時間の充電で45日、それはちょっと過大すぎやしないか?」

そう思っていましたが、ここへきてそれが実証されました。

充電についての説明は一番疑っていましたので、この点については素直に素晴らしい!

ただワガママ言うと、充電回数が少なすぎて充電が必要なこと自体を忘れてしまうことも・・・

経年劣化の不安

まだ6ヵ月と短い使用期間なので、今のところ経年劣化を感じることは全くありません。

恐らく1年、2年と使用を続けることで、充電機能は確実に劣化するでしょう。

ただGALLEIDO DENTAL MEMBERは、契約中であれば本体が永久保証となっています。

経年劣化で明らかに性能が落ちたのであれば、本体の交換も可能と考えられます。

今のところ本体の性能が劣化していないので交換の手続きはしませんが、

先々本体の交換をすることになりましたら、そちらの流れも紹介します。

衛生上の問題

歯ブラシで大事なことのひとつとして、歯ブラシ本体の衛生はどうかが問われます。

明らかに毛先が開いた歯ブラシでは、しっかり磨いていると思っても汚れを落としきれません。

いつまでも古い歯ブラシを使っていれば、雑菌の繁殖も気になります。

それでも同じ歯ブラシを何カ月も使い続ける人が多いのも事実。

歯ブラシ1本ですが、1本だからこそ買うのがめんどうという人。

「古いけど磨ける(磨く行為ができる)から」と使い続ける人。

以前のわたしがそんな人でしたので、その気持ちは十分わかります。

1カ月に1回を目安に交換しよう

ガレイド電動歯ブラシは、1カ月に1回のブラシ交換を推奨しています。

電動歯ブラシの先端を交換するだけですので、これなら面倒くさがりな方でもできますよね。

しかも歯ブラシは定期的にポスト投函されますので、購入忘れなんかもありません。

「まだ毛先も開いてないし、全然使えるよなぁ」

そう思いながらも、今のわたしは月に1回、歯ブラシを交換しています。

(古いブラシを使い続けていると、交換用歯ブラシだけがどんどん溜まってしまいますしね。)

しかも交換用ブラシはすべて個包装となっている点も嬉しいところ。

保管場所は模索中

保管場所が目下の悩みです。

どこかに立てて置くというモノがありませんし、立て掛け式の充電方式でもありません。

(充電はUSBで直接本体に接続して充電)

「横倒しに保管するとブラシが壁面や洗面台についてしまいそうで、何となくイヤだな」

ということでわたしはコップに立て掛けていますが、その点はちょっと不便。

実際、横倒しにしてもブラシが洗面台から浮いているのですが、

置き方によっては壁面にブラシが触れることはあります。

「立て掛ける台みたいなもの、作ってくれないかなぁ」

なんて思う日々です。

ブラッシング中に一瞬止まる

ガレイド電動歯ブラシは、ブラッシング中に一瞬振動が止まります。

これは決して故障というワケではなく、そのような仕様となっています。

30秒に1回、一瞬止まる

ガレイド電動歯ブラシは一度のブラッシングで約2分間稼働します。

その2分間で3回、稼働が一瞬止まります。

稼働時、何秒に1回止まるのか、実際にラップを計測してみました。

わたしがタップするタイミングもありますが、約30秒に1回、一瞬振動が止まります。

なぜ30秒に1回、一瞬振動が止まるのかはわかりません。

30秒に一回振動が止まる理由(推測)

上下前歯を中心に、口腔内を四分割するとします。

中心から右上を30秒、右下を30秒、左上を30秒、左下を30秒を磨きましょうという合図ではないか。

このようにわたしは推測します。

本当のところはわかりませんが、この約30秒をこのように分割して磨く時間としても良いと思います。

さいごに

【感想】(6ヵ月)ガレイド電動歯ブラシを使ってみて

いかがでしたでしょうか。

6ヶ月の使用ということで、わたしもまだまだガレイド電動歯ブラシ初心者に毛が生えたくらいの利用者です。

これからもこのガレイド電動歯ブラシについての情報をお知らせしていきます。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント