【本の要約サイト】flier(フライヤー)なら1冊10分で読める!

この記事は約6分で読めます。

自己啓発として読書するという人、非常に多いですよね。

わたしの周りにも読書家、特にこの歳になるとビジネス書を愛読する方が多く、

わたしの知らないことや持ちえない考えをもっていたりします。

そんな人との会話はおもしろく、「ビジネス書、読んでみよっかな」なんて思ったり。

でもわたしはなかなか本を買って読む気になれません。

特に活字が苦手というワケではなく、小説なんかはむしろよく読みます。(と言っても最近は読んでない)

ビジネス書を読む気になれない理由

なぜビジネス書を読む気になれないのか?

「物事の考え方を学んでみよう!」、「この本のタイトル、気になる!」

こういった「知りたい」というモチベーションはあるのに行動にまで移せない。

そんな「読む気になれない理由」を考えてみてたどり着いた結論が、

「欲しい答えを提供してくれないから」

でした。

ビジネス書に求める期待値

ビジネス書を読んで解決できるなんて実は思っていません。

でもきっと皆さんもどこかで、

「このビジネス書を読めば自分の疑問に対する解決の糸口くらいくれるだろう」

そんな期待を抱いていたりしませんか?

でもそんなピンポイントに糸口を提供してくれる書物など少ないですし、

仮にそんな書物に巡り合えたらそれはラッキーの何物でもない。

こんなわたしの気持ちを読書家が知ったら相当怒られそうですし、

そもそもそんな期待値を持って読むものではないのかもしれません。

flier(フライヤー)との出会い

ピンポイントで情報が欲しいという何とも身勝手な考えから、

「いっそのこと、誰かまとめてくれないかな?」

そう考えていたときに出会ったのが「flier(フライヤー)」でした。

~flier(フライヤー)とは~

一冊10分で読める本の要約サービス。

flierは、本を読む時間がないビジネスパーソンにぴったりの読書ツールです。

要約は音声再生機能で音声でも聴くことができます。

1冊10分 本の要約flier(フライヤー)

flier(フライヤー)の特徴

ビジネス書に身勝手な期待値を抱くわたし。

そんなわたしにとってflier(フライヤー)は最高のツールでした。

ではこのflier(フライヤー)には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

ここからはflier(フライヤー)のポイントを、実際に使ったわたしの感想を含めて紹介していきます。

本当に10分で要約が読める!

1冊10分(音声聴取なら15分)をひとつのウリとしているflier(フライヤー)。

「本当に10分(15分)で読む(聴く)ことができるの?」

そう疑いたくなりますよね?

これまでわたしはflier(フライヤー)で数十冊の本の要約を読みましたが(わたしは読む派)、

すべて10分以内で読めます。

わたしはそれほど読むのが早くありませんし、恐らく平均的なスピードだと思います。

そんなわたしですが、これまで要約を読むのに10分を超えたことがありません。

この「1冊10分」というワードに偽りはありません。

要約だから?スッと頭に入ってくる

小説の場合、ストーリーや情景、人物の心情などを考えながら展開を楽しめます。

でもビジネス書の場合、わたしはどうしても肩肘張ってしまう傾向があります。

変な期待感から気合いが入っちゃうというのでしょうか。

どうしても前のめりになってしまう。

そして前のめりの果てに倒れる。

それに比べてflier(フライヤー)は要約なので、リラックスして読むことができます。

過剰に期待しないというか、本当にカジュアルなんです。

でもそれもそのはず。

flier(フライヤー)はプロのライターが要約を執筆しています。

そして出版社や著者に確認し、 許諾が得られた要約のみを公開しています。

著者の言いたい事や意図がコンパクトに読みやすくまとめられているんですね。

なのでわたしみたいな頭カチコチな人間でも、スッと入ってくるのでしょう。

本当に読みたい本なのか?

「本当にわたしが求めている本なのだろうか?」

ビジネス書にはどうしてもそういった見方が強くなってしまいます。

小説だったらいいんです。

「なんかコレ、つまらない」

それで終われるし、それで許せてしまうところがあるんです。

でもビジネス書にそんな妥協はできなくて、それは先に記載のとおり「期待値」が高いから。

そうするとビジネス書を目の前にすると、

「期待値超えてくるだろうか?答えの糸口あるだろうか?」

と勘ぐり、その本についての確かな事前情報が欲しくなる。

するとここでもflier(フライヤー)が役に立つんですね。

その本のポイントをしっかりまとめてくれているので、マッチした本であれば、

「より読みたい!」と後押ししてくれます。

気になった本がすぐに購入できる

まずはこちらの画面をご覧ください。

こちらはわたしが最近読んだ「外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント」です。

flier(フライヤー)から入ると冒頭でこのように表示されます。

赤マルで囲ったところを見るとわかるように、

「この本、いいな」

と思ったら、すぐに本の購入にすすめます。

画面を下にスクロールしていくと、

レビューが出てきて、その本がどのようなモノなのかをザックリと把握することができます。

さらにスクロールすると、

その本の要点がいくつかまとめられており、そこからその本の要約が記載されています。

とてもスッキリした構成で、この本がいったい何を言いたいのかがわかりやすくまとめられています。

さいごに

以前までは本選びなどまったく気にすることはありませんでした。

それはある意味「これまで選んできた本には期待などしていなかった」かもしれません。

しかし最近は欲深くなったのか、

「本を読んで損した気分になりたくない」

「本を読んで解決の糸口を知りたい」

「新たな知見を手に入れたい」

そんな良く言えば探究心が芽生えたのかもしれません。

でも誰しも選んだ本で損した気分などしたくありません。

「ポイントがまとまった情報を事前にスッと頭に入れることができる」

これって素晴らしいことだと思いませんか?

もしわたしと同じ思いで悩まれている方がいたとしたら、

flier(フライヤー)

わたしはコレを強く推します。

本日も最後まで読んでいただきどうもありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント