デカトロン商品購入者が満足する共通点は「コスパ最高!」

この記事は約9分で読めます。

80種類以上のスポーツ用品を扱うショップ、デカトロン。

普段あまり注目していなかったスポーツ用品も、デカトロンを通じて興味が湧いてくるところが不思議なところです。

今回はデカトロン商品のクオリティを調査するため、3つの商品を買ってみました。

購入したスポーツのジャンル

今回、わたしが購入したスポーツジャンルと商品は以下のとおりです。

ジャンル】サッカー・フットサル
【購入商品】フットサルシューズ KIPSTA (キプスタ)

【ジャンル】登山・ハイキング・トレッキング
【購入商品】QUECHUA (ケシュア) 登山・ハイキング Tシャツ

【ジャンル】ウォータースポーツ
【購入商品】サーフィン UVカット半袖Tシャツ キッズ

ジャンル】サッカー・フットサル

今回デカトロンの商品を買う際、必ず押さえるべきジャンルが「サッカー・フットサル」でした。

サッカー歴30年のわたしにとって、一番良し悪しがわかりやすいジャンルだからです。

そして選んだ商品がフットサルシューズとなります。

デカトロンではサッカー・フットサル商品としてボールやウェア、パンツのほか、レガースやミニサッカーゴールまで用意しています。

ただ、一番商品の良し悪しを判断しやすいのがシューズです。

ウェアやパンツ、レガースなどはサイズ感さえ合えば、それなりに着ることができます。

ミニサッカーゴールは利用用途があるというのが大前提で、正直判断しづらい。

ただ、シューズは一番ごまかしにくく、ユーザーにとって良し悪しがつけやすいモノです。

このシューズに対してどこまでクオリティを注いでいるか、そこに注目しました。

購入商品】フットサルシューズ KIPSTA (キプスタ)

わたしが買ったフットサルシューズ「キプスタ」がこちらです。

✔フットサルシューズ キプスタの特長
・天然ゴム製のノンマーキングソール
・安定性とグリップ性を向上させたフットサルシューズ
・屋内コートでのプレー向に、耐摩耗性素材のアッパーとアウトソールを採用
・屋内、屋外どちらでも使用可能
・この仕上がりで考えるとコスパ最高!

屋内フットサルコートを意識したノンマーキングソールを採用しています。

デザイン的には至ってシンプルな作りで、シックな仕上がりです。

個人的にはヒール部分の硬さ、靴幅、トゥ部分の強度が気になるところ。

ヒールが硬すぎる場合、わたしは大抵「くつズレ」を起こしますので非常に重要な部分。

靴幅についてですが、日本人の多くは足幅が広いと言われます。

日本法人とはいえ、デカトロン自体はフランス。

サッカーショップで計測してもらったところ、わたしの足幅は細い部類に入ると言われました。

とはいえわたしも日本人。

どれほど日本人の足をリサーチして作っているのか気になります。

またトゥ部分、要するにつま先のことですが、フットサルは特につま先を使った「トゥーキック」を多用するスポーツです。

その辺も考慮してサッカーシューズとはまた違った作りとなっていますが、トゥ部分の強度も要チェックです。

【感想】KIPSTA (キプスタ)を履いて

■シューズのカタさ

キプスタを履いてみての感想ですが、全体的に少しカタめの作りとなっていました。

でも、「履いているうちに足が痛くなってくる」までのカタさではありません。

これまでの経験上、3回ほど履いてフットサルをすれば足に馴染んでくる印象です。

インサイドは黒で統一されています。個人的にはシンプルな仕上がりで高評価

■シューズの重さ

特に重くもなく、軽すぎもしない、一般的な重さでした。

サイズ感ですが、わたしの場合は26.0cm~26.5cmでいつも購入しています。

キプスタについては26.5cmを購入しましたが、サイズはジャストフィットでした!

サイズについては小さめに仕上がっているので、ワンサイズ大きめを買うべきか。

大きな仕上がりなので、ワンサイズ小さめを買うべきか。

非常に悩むところなのですが、キプスタについては普段から履いているサイズでOK。

そしてデカトロンのフットサルシューズは、日本人のサイズにしっかり照準を合わせていると考えられます。

ノンマーキングソールを採用。真ん中に「DECATHLON」と刻印されています。

■グリップ力

グリップ力については申し分ありません。

申し分ないというのは、グリップ力が強すぎず、弱すぎずといった感じ。

でもフットサルシューズに関してはそれくらいがちょうど良いです。

グリップ力が強すぎても弱すぎても、ケガの原因となります。

しっかり止まれる、でもわずかに”アソビがある”、それくらいがベストと言えるでしょう。

個人的にこのヒール部分のデザインがお気に入り。

【ジャンル】登山・ハイキング・トレッキング

最近、買うTシャツがすぐによれてしまうことが続いていました。

「生地をしっかり見た方が良いか」

そんなことを考え、ネット購入に少し戸惑いを感じていました。

そんな中、デカトロンで見つけた「登山用Tシャツ」

正直、登山用のTシャツなど購入するのは初めてでした。

というより、そもそも「登山用のTシャツなんてあるのか?」なワケであります。

でも「登山用というくらいなのだから、すごくしっかりした生地で作られているだろう

そんな勝手な思い込みが働き、試しに買ってみました。

【購入商品】QUECHUA (ケシュア) 登山・ハイキング Tシャツ

わたしが買ったQUECHUA (ケシュア) 登山・ハイキング Tシャツがこちらです。

✔QUECHUA (ケシュア) 登山・ハイキング Tシャツの特長
・肌触りが良く、安いのに作りがしっかりしている。コスパ最高!
・首回りもよれない
・綿:74% ポリエステル:26% 速乾性は非常に良い

まず手にとっての第一印象は、「手触りがけっこうイイ!

綿の感じが強いと思っていましたが、実際はそこまで綿の感じは強くありません。

むしろポリエステル感が少し主張しているのですが、スポーティな感じでもない

だから普段着としてOKだけど、ラフに着れる一品、といった印象です。

洗濯しても速乾性が高いのか、他のTシャツよりも早く乾きました。

「アイロンは裏からかけてください」の注意書き。ただ私は恐らくアイロンかけないです。

【ジャンル】ウォータースポーツ

「子供にも何かTシャツを一着買いたいな」

ということで選んだジャンルが「ウォータースポーツ」

「ウォータースポーツのTシャツって何よ?」

そんな思いでこのジャンルをチョイス。

サーフィンとかスキューバとか、その辺もウォータースポーツなんですかね。

今回のTシャツは夏に着ることを見越していたので、見た目さわやかな感じを重視しました。

【購入商品】サーフィン UVカット半袖Tシャツ キッズ

わたしが買ったサーフィン UVカット半袖Tシャツ キッズがこちらです。

✔サーフィン UVカット半袖Tシャツ キッズの特長
・ポリエステル:100%
・UPF50+素材。濡れていても陽射しから身体を保護。95%以上の紫外線を遮断。
・胸元のクジラ?のデザインが子供ウケした
・ウエスト回りは少しくびれており、タイトな仕上がり。
・生地のクオリティとデザインを考えると、コスパ最高!

「ウォータースポーツ」というジャンルとデザインのかわいらしたに購入した一品。

ただ「水温22℃以上に対応」などと書いており、よく読むとサーフィンの時に着用するものと判明。

それでもかわいらしさと色のさわやかさに惚れ、安さもありつい買ってしまいました。

ポリエステル:100%ということもあり、スポーティな仕上がりとなっています。

またタイトな作りになっていますので、身体のシルエットが見えるTシャツとなっています。

実物も本当にさわやかなブルーでした。

デカトロン商品のクオリティ調査結果と共通点

今回3つの商品を購入・クオリティ調査結果がこちら。

✔商品は一般的に良いとされるクオリティ。
✔華美でなければ、シンプル過ぎることもない、人に心地よさや安心感を与える作り。
✔スポーツの特長をちゃんと商品に反映させている。
✔価格は抑えられているが、決して粗末な仕上がりではない。
✔一般大衆に向けられた、平均点を意識した作りになっている。
結論:一般大衆向けて緻密に作られた、コスパ最高な商品である!

今回デカトロン商品を購入、体感してみましたが、とても安心を感じられました。

商品を購入するうえで「安心感」を与えるって、とても難しいことです。

それでいて価格も抑えられているわけですから、コスパ最高の言葉以外ないというのが率直な感想です。

これからもコンスタントにデカトロンの公式サイトを見ていきますので、また面白い情報がありましたら記事で共有します。

今回も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

以上、ケンでした。

コメント