【ビール初心者向け】オススメビール7選

この記事は約16分で読めます。

ビール初心者にビールのオススメ銘柄を紹介しますが、

結論から言えばビールの好みは人それぞれの味覚によって異なります。

もっと言えば、お酒なんて飲めなくても大して困りません。

むしろ大酒を喰らって他人に迷惑をかけるくらいなら、飲まない方がよっぽど良いです。

それでも「ビールデビューしてみたい」「1杯目はビールにしてみたい」という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ビールってなにがウマいの?

2020年10月1日から酒税法改正で、ビール350mlあたり7円の値下げとなりました。

もし仮にビールが値上げとなっていた場合、わたしはビールを止めるか?

 

絶対にやめません。好きなので。

 

ビールの何が良いのか?どこがウマいのか?

子供はビールの匂いを「クサイ」と言いますし、親戚のオジさんが子供に「ちょっと舐めてみるか?」と半ば強引に舐めさせ「苦い」と子供に言わせるという、昔あったよくある話。

実は子供の味覚が正常なのではないか?とときどき考えます。

要するに長年生きてきたわたしの味覚は、あらゆる味を知り、麻痺し、バカになってしまったと。

だから子供にとっての「苦い」が「ウマい」に変換されてしまったのかもしれません。

わたしの「バカ舌」のことはさておき、じゃあビールの何がウマいのか?

恐らく、ビール初心者にビールのウマさを語って「あぁ、ビールってそんな感じでウマいのね」と納得させることは誰もできないでしょう。

 

何故か?

 

ビール飲みは大してビールを苦いと感じていなく、一方、初心者は確実に「苦い」と感じます。

味覚のスタートラインがそもそも違うのです。

初心者は「苦い」と感じるからビールデビューできない?

それはないです。

ただ少なからず飲み始めのころは苦さを我慢します。

そして苦さに慣れ、苦いと感じるレベルを下げます。

 

「我慢して慣れるまで、ビールなんて飲まなくても」という方。

そうです、冒頭で言った通り、ビール(お酒)を飲む必要性はどこにもないのです。

 

それでも”苦みの向こうがわ”を知りたい方に、

「こんなビールからスタートするといいよ」

を紹介していきます。

第三のビールから始める。

のっけから邪道かもしれません。

でもあながち間違ってないと思います。

わたしも以前はよく第三のビールを飲んでいました。

飲んでいて”ラク”なんです。

”ラク”という感覚は端的に言えば「味がウスい」ということですが、要するにビールより苦くない。

ただ、今のわたしは「ウスい=好んで飲まない」という舌なので、やっぱりビールです。

 

サントリー金麦

ファーストチョイスは「サントリー金麦」

わたしの中では、第三のビールの中でも一番ウマいと思うのが金麦です。

ビールのような苦みは少ないものの、ビールに近い味をしています。

CMでよく「ポイントを貯めるとあいあい皿がもれなく当たる」ってやってますよね。

「あいあい皿」キャンペーン、これも結構人気があり、我が家にも3セットほどあります。

そんな楽しみもある金麦、オススメです。

 

ちなみに「金麦 糖質75%オフ」はもう少し苦みを抑えている印象があります。

余談ですが、居酒屋「鳥貴族」は、メガ金麦というデカジョッキになみなみと金麦を注いできます。

トリキに行くとどうしてもメガ金麦に手を出してしまう・・・

サッポロ ゴールドスター

サッポロビールと言えば黒ラベル(黒星)、そしてレッドスター(赤星)が好きな人もいますね。

黒星、赤星は生ビールなのですが、ゴールドスター(=金星)を第三のビールで出すとは思いませんでした。

ゴールドスターは2020年2月に発売された、比較的新しい第三のビールです。

2020年、わたしはもうとっくに「ビール派」になっていましたが、ゴールドスターはやはり気になったので飲みましたが、これがウマかった!

もちろん生ビールと比べればウスいです。

でもビール感は楽しめましたし、ビール初心者にとってはちょうどよい苦みだと思います。

 

海外のビールもアリかも。

わたしはあまり飲んだことありませんが、ドイツビールはウスいと良く聞きます。

ウスいからこそ、ドイツ人は真昼間からビールをガブガブ飲んでも平気だとも。

その真相は定かではありませんが、海外ビール、意外とアリですよ!

バドワイザー

有名なアメリカのビールですね。

「バドガール」なんて言葉、一時期流行ってました。

わたしの回りでバドワイザーを好んで飲む人は少ないのですが、わたしはときどき飲みます。

ときどき飲む理由は「ウスいビールをガブ飲みしたい気分になったから」です。

 

バドワイザーは生ビールですが、本当に味がウスい。

外国のビールは全般的にウスい感じですが、このバドワイザーはその中でもウスいです。

でもそこがいい。

わたしはバドワイザー大好きです。

このウスさなら、ビール初心者でもイケると思いますよっ!

ハイネケン

ハイネケンはあえて瓶で紹介します。

ハイネケンはオランダのビールです。

最近ではラグビーW杯が日本で開催されたとき、大々的に売り出していましたね。

あとはサッカーのUEFAチャンピオンズリーグのスポンサーなので、そのときもカッコイイCMが流れていますね。

 

さてハイネケンの味ですが、ほんのわずかフルーティな香りがします。

そして味はウスめ。

ビールをあまり飲まないわたしの奥さんも「ハイネケンはおいしいかも」との感想。

海外ではスポーツ観戦のときによく飲まれている印象ですが、意外と女性ウケする味かもしれません。

コロナビール

海外ビールの中でわたしが一番好きなビールがコロナビールです。

でもコロナウイルスの影響で生産停止となるなど、とても悲しい状況になっています。

 

アメリカでブームを起こしたスパイドラマ、「バーンノーティス」

わたしがこのビールを飲み始めたキッカケはこのドラマにあります。

このドラマは主にマイアミでストーリーが展開しますが、みんなビーチや家の中で昼間から瓶ビール片手にガンガン飲んでるんですね。

それがウマそうだし、爽やかそうで、さっそく海外の瓶ビール探したらコロナビールと出会いました。

 

ちなみにコロナビールと言えばライムですが、これはオシャレで刺しているワケではありません。

ライムがあるとないで、味がまったく変わります。

コロナビールはジューシーな感じもあり、初心者でも十分チャレンジできるビールです。

ライムを使うか、使わないかは好みですが、わたしは断然「使う!」です。

※ライムを瓶の中に落とすのですが、飲み終わった後、取り出すのは手間です。

ウマいのはやっぱり日本の生ビール

日本人ですから、やっぱり日本の銘柄に行きつきますね。

メーカーだって、やっぱり日本人の舌に合うビールを研究しているでしょうしね。

ビール初心者に向けて紹介してきましたが、最後はやはり日本のビールを紹介します。

キリン一番搾り(大瓶)

アサヒスーパードライ、サントリープレモル、サッポロ黒ラベル、もちろんどれもウマいです。

でもどれが一番かと言えば、やっぱり「キリン一番搾り」です。

しかもあえて「大瓶」としています。

缶ビールももちろんウマいですよ、ただ勘違いかもしれませんが「缶臭さ」を感じるときがあります。

やっぱりビールは瓶に限るのではないでしょうか。

さいごに

クラフトビールも紹介しようと思いましたが、クラフトビールはモノによってクセがあります。

ビール初心者にはそのクセはちょっとキツイのではないかと思い、今回は除外しています。

お酒自体いろいろ種類がありますが、ビールだけでもこれだけ種類があります。

もしビールに慣れてきましたら、いろいろ飲み比べなどすると楽しいですよ!

 

ちなみにわたしはいま、キリンホームタップを狙ってます。

プレ会員登録して3カ月、未だに連絡が来ない。

忘れられてるのかな・・・

 

読んでいただきどうもありがとうございました!

コメント