ベビー用品を購入するか迷っている方。【ベビレンタ】でレンタルすることをオススメします。

この記事は約10分で読めます。

子供が生まれるといろんなモノが入り用になりますよね。

ベビーベッド、ベビーカー、ベビーバス、抱っこひも(おんぶひも)、おもちゃ・・・

我が家にも2人子供がいますが、いろいろ買いました。(2人目は全部お下がりだったからラク)

 

ところで、ベビー用品は出産前にある程度そろえておくと思いますが、

すべて買いそろえようと思っていませんか?

その考え、ちょっと待ってください

 

結論から言えば、

ベビー用品はレンタルをうまく活用すべきです!!

なぜレンタルを活用すべきか?

「新生児が使うモノだから新しいモノを与えたい」

その親心、わたしも二児の父親なので非常によくわかります。

でも二児の父親だからこそ、ベビー用品のレンタルの良さもわかります。

ここではベビー用品をレンタルした方が良い理由、メリット、どこでレンタルできるかなどについてご紹介します。

なぜベビー用品のレンタルを活用した方が良いのか?

モノやブランドにもよりますが、ベビー用品は意外と高額です。

そして赤ちゃんも人ですので、衣・食・住、幅広くお金がかかりますよね。

さらに考えてみてください。

たとえば赤ちゃんのベビーベッド。何年使いますかね?

たとえば赤ちゃんのベビーバス。沐浴って何年もやりますかね?

たとえば赤ちゃんのおもちゃ。赤ちゃんって意外と飽きっぽいです。

要するに、時期が過ぎるとそのベビー用品は使わなくなります。

それでもあなたはベビー用品をすべて買いそろえますか?

もし「すべて買う」というのであれば、あなたは絶対に「買う」べきです。

「買う」と決めたあなたがレンタルすると、恐らくシックリこないでしょう。

逆に「ベビー服とかは新品を買いたいけど、一部レンタルしてみたいなぁ」

もしそう考えているあなたは、このままもう少しお付き合いください。

きっとベビー用品のレンタルの良さを、もっとあなたにお伝えできると思います。

ベビー用品はどこでレンタルできる?

「ベビー用品をレンタルしてみたいけど、そもそもどこでレンタルできるの?」

これまでベビー用品は買うモノと考えていたと思いますので、レンタル先などわかりませんよね。

わたしがいろいろリサーチしたところ、

ベビー用品のレンタルはベビレンタがおすすめです。

ベビレンタ

ベビレンタでできること

まず、ベビレンタではベビー用品をレンタルすることができます。

レンタル用品のカテゴリーは以下のとおりです。

■レンタルできるベビー用品カテゴリー
・チャイルドシート
・ベビーベッド
・ハイローチェア、ベビーチェア
・ベビーカー、バギー
・抱っこひも、おんぶひも
・ベビーゲート、ベビーサークル
・おもちゃ、ベビートイ
・ベビースケール
・お風呂グッズ
・産着、着物、祝い着
・パパグッズ
・ハイグレード商品

ベビー用品の中古販売

ベビレンタでは、ベビー用品の中古販売もやっています。

■中古販売しているベビー用品カテゴリー
・チャイルドシート
・ベビーベッド
・ハイローチェア、ベビーチェア
・ベビーカー、バギー
・抱っこひも、おんぶひも
・おもちゃ、ベビートイ
・産後ダイエット、骨盤矯正グッズ
・その他雑貨

レンタル商品、中古販売商品ともに、多くのベビーブランドを扱っています。

「アップリカ」「コンビ」「カトージ」「エルゴベビー」「ベビービョルン」などなど。

聞いたことあるブランドばかりですよね。

ベビー用品の買い取り

ベビレンタではベビー用品の買い取りもやってます。

コレかなりポイントです!

ベビー用品の困るところ、それは「使い終わったモノをどうするか?」です。

誰か譲り受けてくれる人がいれば、その方にあげることができます。

ですが、タイミングよく新生児が生まれる知り合いがいれば良いですが、それはタイミング次第。

メルカリなどでも売ることはできますが、他人とのやりとりがイマイチ面倒です。

我が家の場合、運よく譲り受けてくれる人がいました。

でも、全てのベビー用品を譲り渡すことはできませんでした。

なぜならベビー用品、いくつか買っちゃってたんですよね。(ちなみにベビーベッドでした

残念ながらベビーベッドは粗大ゴミとして廃棄、捨てるのにもお金がかかりました。

ベビレンタで買い取ってくれること、もっと早く知りたかった・・・

ベビー用品でレンタルした方が良いモノって?

ベビレンタでベビー用品がレンタルできることはご理解いただけたと思います。

「でも、どんなモノをレンタルしたら良いの?」

そんな疑問が出てきますよね?

「レンタルしたいモノ、して良かったと思えるモノ」

これは人それぞれ感じ取り方が違います。

でも何かしら基準がほしいと思いますので、わたしが思う「レンタルしてみる?」をまとめました。

ベビレンタでレンタルする際に参考にしてみてください。

ベビーバスはレンタルした方が良い。

ハッキリ言います。

「ベビーバス」はレンタル一択です。

新生児の場合、「沐浴」をする必要があります。

すでに「どうやって洗ってあげれば良いのだろう?」と調べているでしょう。

そして、「沐浴するからベビーバスも準備しなきゃ」となっているハズ。

でもベビーバスって、新生児用のお風呂とはいえ意外と大きいんですよね。

そしてなんとその沐浴ですが、

沐浴は生後28日目まででOK。生後1か月以降は一緒にお風呂OK。

もうお気づきですよね。

沐浴でベビーバスを利用するのは1か月弱しかないんです。

ちなみに、我が家は500円程度のビニールプールのようなモノで済ませました。

でもさすがビニール、体重をかけるとすぐにお湯をこぼれました。

そのう考えると、

「丈夫なプラスチック製のベビーバスがいいなぁ」

「でも1か月後にはほぼ使うことはないだよなぁ」

だからベビーバスはレンタルした方がぜったいにおトクです。

ベビレンタ

ベビーカーはレンタルで試してみるのもアリ。

ベビーカーって意外と高いですよね。

そしてベビーカーは「A型」、「B型」、「AB型」、「バギー」と種類があるの知ってますか?

各種類をカンタンにまとめると、

■ベビーカーA型
・生後1ヵ月から寝かせた状態でも使える。
メリット
・月齢が浅い時期から利用することができる。
・子供をしっかり守ってくれる作り。
・対面、背面どちらにも切り替えることができる。
デメリット
・ベビーカー自体が重い。
・サイズが大きい。
・値段が高額。

■ベビーカーB型
・生後7カ月以降で座った状態で使える。
メリット
・軽いので持ち運びがラクラク。
・値段が安い。
デメリット
・一人座りができないと利用できない。(なので生後7カ月以降)
・リクライニングの角度が浅いので、乗り心地を嫌がる可能性がある。

■ベビーカーAB型
・分類としてはA型だが、A型よりも軽くコンパクトな仕様。
・リクライニングの角度は深いので、生後1か月から利用可能。
・軽いA型と思って間違いない。

■バギー
・B型よりも軽くてコンパクトな仕様
・簡易的な作りのため、歩き疲れた子供を乗せるためのベビーカー。

誰もがA型、B型、どちらを買うべきか悩みます。

値段が高く重くても、子供のことを考えてA型を選ぶ人。

B型をチョイスして、一人座りできるまでは抱っこやおんぶで我慢する人。

AB型を選んで長く利用する人。

正直、どれが子供にとって、親にとって最適なのかわかりません。

でもベビレンタでは1週間レンタル、1カ月レンタルといった短期間利用が可能です。

しかも「最低6カ月の利用必須」みたいなシバリもありません

「わたしたちに合ったベビーカーがわからない」

そんなあなたは、ベビーカーをレンタルして最高の一品を探してみるのも良いでしょう。

おもちゃはレンタルすべきか迷うところ。

おもちゃのレンタルは少し悩みどころです。

赤ちゃんは何でも口にくわえたり、舐めたりしますので、個人的には買う派です。

でも好奇心旺盛な赤ちゃん、多くのおもちゃに囲まれると喜びます。

「たくさんのおもちゃに囲まれた空間で育てたい」

そんな親心もはたらくでしょう。

そんなあなたは「いくつかのおもちゃをベビレンタでレンタルする」が良いでしょう。

おもちゃも最短1週間、最大6カ月で、もちろんレンタル品購入もできます。

購入したおもちゃの中に、レンタル品を紛らせ、もしお気に入りのおもちゃになったら購入してあげても良いのではないでしょうか。

ベビレンタ

抱っこひもはレンタルで試し、最終的に購入。

昔は「抱っこ」ではなく、「おんぶ」が主流でしたね。

現在ではほとんどのお父さん、お母さんが抱っこ紐で抱っこする光景を見かけます。

そんなわたしもエルゴの抱っこ紐を使っていました。

でも、抱っこ紐って実は肩と首、そして腰への負担が大きいんです。

数十分抱っこ紐で抱っこしていると、肩こり、首こり、腰痛がハンパないです。

抱っこ紐も各メーカーが販売していますが、抱っこ紐の利用期間はけっこう長いです。

お子さんが歩けるようになっても、そう長くは歩けません。

2歳くらいまでは毎日使うモノと考えて良いでしょう。

それならば、

ご自身に合った抱っこ紐をぜったい探すべきです。

肩、首、腰への負担感、抱っこ紐自体の使い勝手の良さ、子供と一体感を感じられるか。

そういった感触を大事に、フィットする抱っこ紐を探した方がぜったいに良いです。

間違っても「あの抱っこ紐みんな使ってるから~」と言って買うのはやめましょう。

わたしは「みんなエルゴ使ってるから~」とチョイスしましたが、本当にわたしと子供にフィットした抱っこ紐だったのか、よくわかりません。

ちなみに使用後はいつも肩、首、腰がバキバキになりました。

抱っこ紐を探すなら専門ショップの「napnap」もオススメ!!

ベビーベッドはレンタルすべき?

ベビーベッドですが、結論、レンタルで試すべきです。

「毎晩添い寝したい」という親御さん。

「始めからベビーベッドで1人で寝るのに慣れさせたい」という親御さん。

親御さんによって考え方はさまざまです。

新生児の場合、数時間おきにミルクで泣きますので、添い寝する親御さんが多いかもしれません。

泣くたびにベビーベッドから下ろすのは大変ですからね。

そう考えると、ベビーベッドを買うタイミングも重要となります。

ベビーベッドとはいえ、それなりにサイズは大きいので場所は取ります。

「まだ使う時期ではないのに場所は取る」

すぐにベッドを買った我が家では、よくそんなことを思ってました。

生まれてきたお子さんとの新たな生活が始まる。

その生活がどんなものか知ったあと、ベビーベッドが本当に必要なのか考えても良いと思います。

ベビーサークルは便利!でも使わなくなったら・・・

ベビーサークルはとても便利です。

ハイハイができて少し活発的に動きまわるようになると、子供から目が離せません。

でもベビーサークルの中にいれば、目を離しても安心です。(長時間、目を離すのはやめましょうね)

わたしとしてはベビーサークルはぜったいにアリです!

たとえば料理をするとき、お子さんを気にしつつになると思います。

でもベビーサークルにいれば、行動範囲が限定されますのでやはり安心です。

そんな便利なべびーサークル。

でも買うかレンタルかで言えば、ぜったいにレンタルをおすすめします!

ベビーサークルを使うのは大体3歳くらいまででしょう。

それ以上の年齢だと、確実にサークルから脱走します(笑)

そうなると、もうベビーサークルの使用期間は終わってしまうのです。

でもベビーサークルって意外と大きいんです。

各パネルを分解しても、そのパネルを保管する場所が必要となります。

そして何より、その後の使い道がないというのがざんねんなところ。

値段も数万円しますし、廃棄するとなれば粗大ゴミでお金がかかります。

それならばベビーサークルはレンタルする、これが間違いないでしょう!

ベビー用品レンタルに関するまとめ

ベビレンタ

■まとめ
・「ベビー用品は絶対に買う」という方はレンタルは考えない。
・ベビー用品のレンタルなら「ベビレンタ」がオススメ。
「ベビレンタ」なら「○カ月は使用必須」などのシバリがない
・「レンタルのベビー用品が数点あってもいいな」という方はレンタルも視野にいれる
・レンタルを考えた方は「買うモノ」と「レンタルするモノ」で使い分ける
数年後に廃棄することを考えてしまうなら、レンタルするのがオススメ。

お子さんと親御さんがともに快適に生活できることを願っています。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!

コメント